スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

The Beatles幻のアルバム「Sessions」

The Beatlesが公式発表曲を213曲とされていた時代が、私にとってのまさに青春時代だったわけですが、その後アンソロジーシリーズが発表されるなどして環境が随分変わりました。以前はマニアの間でブートレグでしか聴けないとされていた音源が次々と公式に、しかもとても良い音質で発表されたのです。

このアンソロジー音源を使って、ジョン・バレット氏の努力と調査によって1985年に発表されるはずだった幻のアルバム「Sessions」を、ネットで収録曲を調べ、完全ではないかもしれませんがプレイリストを作ってみました。

1 Come And Get It (Lennon/ McCartney)
(Recorded in July 1969 during the "Abbey Road" sessions)
2 Leave My Kitten Alone (John/ Turner/ McDougal)
(Recorded in August 1964 during the "Beatles For Sale" sessions)
3 Not Guilty (Harrison)
(Recorded in November 1968 during the "White Album" sessions)
4 I'm Looking Through You (Lennon/ McCartney)
(Recorded in October 1965, first take of the track from "Rubber Soul")
5 What's The New Mary Jane (Lennon/ McCartney)
(Recorded in August 1968 during the "White Album" sessions)
6 How Do You Do It (Murray/ Edmond)
(Recorded on September 4, 1962 the same day as "Love Me Do")
7 Besame Mucho (Velazquez/ Skylar)
(Recorded in June 1962 part of the Beatles first ever Abbey Road sessions)
8 One After 909 (Lennon/ McCartney)
(Recorded in March 1963, an early version of the track on "Let It Be")
9 If You've Got Troubles (Lennon/ McCartney)
(Recorded in February 1965 during sessions for the "Help" album)
10 That Means A Lot (Lennon/ McCartney)
(Recorded in February 1965 during the "Help" sessions)
11 While My Guitar Gently Weeps (Harrison)
(Recorded in July 1968, first take of the track on the "White Album")
12 Mailman Blues (Roberts/ Katz/ Clayton)
(Recorded in January 1969 during the "Let it be" sessions)
13 Christmas Time Is Here Again (Lennon/ McCartney/ Harrison/ Starkey)
(Recorded in November 1967 as a Christmas message to fans)

iTunesのプレイリストで再構築中、13曲目のあの素敵なクリスマスソングが見あたらず、確か収録されていたはずなのにおかしいなぁ、と思ってよくよく探したら、「Free As A Bird」のシングルに収録されていました。このときは「Real Love」と2曲新曲として発表されたのですが、そのいずれのシングルにもアルバム未収録の案ソロージーものが入っていたのを失念しておりました。これらはいずれも必携ものです。

そしてこのようにプレイリストにして聴いてみると、彼らの新たな魅力に触れることができます。特に最近の私の大のお気に入りが1曲目の「Come And Get It」。Badfingerの演奏でリリースされ、スマッシュヒットとなった曲ですが、アンソロジーでのポールの伸びやかで楽しげなヴォーカルは秀免で、しかもキャッチーなメロディ・ラインは天才ポールの面目躍如という気がします。

デビューから46年、解散から38年経っても、やっぱり輝いている彼らはすごいです!

IMAGINE PEACE~WAR IS OVER!

こちらJohn Lennonの映像と共にYoko Ono Lennonさんのメッセージが読めます。映像は全編で約8分ほどですが、中程からはじまる「Happy X'mas」を聴き終えたときに、彼らのメッセージが胸に深く刻まれることと思います。(649さん、ありがとうございました。)

WAR IS OVER!

ジョン・レノンの紙ジャケ

ジョン・レノンの紙ジャケが日本のみで発売されると世界中で大騒ぎだそうです。日本の優れた紙ジャケ再現技術のなせる技と、いかにLP世代があの紙ジャケに対するこだわりをいまだに持っているかの証明ですね。

「心の壁、愛の橋」もオリジナルの変形ジャケット(その分値段も高いですが)だったり、「サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ」もリマスター化で一部カットされていた部分が復活した従来の2枚組仕様です。このあたり、やはりファンとしては注文せざるを得ないでしょうね。

ライブアルバム「平和の祈りをこめて」から「サムタイム~」までが11月28日発売、以降のアルバムが12月5日発売です。12月、そしてまた何回目かのあの日がやってくるのですね。ちょうど発売日も好タイミングかもしれません。

Paul McCartney集大成のDVD登場!

すごいDVDを発見しました。11月14日発売予定、3枚組です。ポール・マッカートニーです。

彼のBeatles解散後から最新作の1枚前までの間の、彼のプロモーションビデオやライブ映像の集大成が登場します。

ディスク1&2は、ヒット曲満載で、ベスト版を映像で見られるイメージです。一体どんな映像が使われているのか…私はベストヒットUSAで、さんざん「Ebony And Ivory」や「Say Say Say」のクリップを観てきた世代ですが、その前となると余り馴染みがありません。

しかも全てDTS 5.1chサラウンド・サウンドだそうですから、そういう環境にある方は羨ましい!

そしてディスク3は、Paul McCartneyの有名な76年のワールド・ツアー~シアトル公演のライヴから構成された映画『Rockshow』(音はアフレコでしたね)、91年にテレビ放映された『Unplugged』、そして2004年に行われた『Glastonbury Festival』という、3つの時代からのライヴ映像が収められています。

さらにボーナス映像は、1985年『Live Aid』や『スーパーボウル』でのパフォーマンス、アルバム『Band On The Run』のジャケット撮影風景の模様などだそうです。

いかがでしょう。以下に曲目を並べておきますが、彼のすごいキャリアが並んでいて感動的です!

ディスク 1
Promo Film & Video
1 Tug Of War
2 Say Say Say
3 Silly Love Songs
4 Band On The Run
5 Maybe I'm Amazed
6 Heart Of The Country
7 Mamunia
8 With A Little Luck
9 Goodnight Tonight
10 Waterfalls
11 My Love
12 C Moon
13 Baby's Request
14 Hi Hi Hi
15 Ebony And Ivory
16 Take It Away
17 Mull Of Kintyre
18 Helen Wheels
19 I've Had Enough
20 Coming Up
21 Wonderful Christmastime

Extras
22 Juniors Farm
23 Band On The Run 
24 London Town
25 Mull Of Kintyre 2
26 The Southbank Show 

ディスク 2
Promo Video
1 Pipes Of Peace
2 My Brave Face
3 Beautiful Night
4 Fine Line
5 No More Lonely Nights
6 This One
7 Little Willow
8 Pretty Little Head
9 Birthday
10 Hope Of Deliverance
11 Once Upon A Long Ago
12 All My Trials
13 Brown-Eyed Handsome Man
14 Press
15 No Other Baby
16 Off The Ground
17 Biker Like An Icon
18 Spies Like Us
19 Put It There
20 Figure Of Eight
21 C'Mon People

Extras
22 Parkinson
23 So Bad
24 Creating Chaos At Abbey Road

ディスク 3
Live Performance - Rock Show
1 Venus And Mars
2 Rock Show
3 Jet
4 Maybe I'm Amazed
5 Lady Madonna
6 Listen To What The Man Said
7 Bluebird
8 MTV Unplugged

Live Performance - MTV Unplugged
9 I Lost My Little Girl
10 Every Night
11 And I Love Her
12 That Would Be Something

Live Performance - Glastonbury
13 Jet
14 Flaming Pie
15 Let Me Roll It
16 Blackbird
17 Band On The Run
18 Back In The USSR
19 Live And Let Die
20 Hey Jude
21 Yesterday
22 Helter Skelter
23 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band

Extras
24 Live Aid (Let It Be)
25 The Superbowl XXIV


TRAVELING WILBURYSの新譜!?

新譜、ではないですね。コンプリート盤というのが正しいと思います。これまで発表されたVol.1と3の2作に加え、DVD(リージョン0のようです)がセットになった3枚組、しっかりボーナストラックも入ってます。

既にロイ・オービソンとジョージ・ハリスンは亡くなってますが、実はこの頃のジョージ、すごく元気で才能に溢れていたと思います。特にVol.1に含まれている彼がリードをとる「HANDLE WITH CARE」と「HEADING FOR THE LIGHT」は名曲だと思います。

輸入盤は6月12日発売予定です。

ディスク 1
1 Handle With Care
2 Dirty World
3 Rattled
4 Last Night
5 Not Alone Any More
6 Congratulations
7 Heading For The Light
8 Margarita
9 Tweeter And The Monkey Man
10 End Of The Line
11 Maxine (previously unreleased/bonus track)
12 Like A Ship (previously unreleased/bonus track)

ディスク2
1. She's My Baby
2. Inside Out
3. If You Belonged to Me
4. The Devil's Been Busy
5. 7 Deadly Sins
6. Poor House
7. Where Were You Last Night?
8. Cool Dry Place
9. New Blue Moon
10. You Took My Breath Away
11. Wilbury Twist
12. Runaway (Bonus Track)
13. Nobody's Child (Bonus Track)

ディスク3(DVD)
1. Handle With Care
2. End of the Line
3. Inside Out
4. She's My Baby
5. Wilbury Twist

今日のLOVE~I AM THE WARLUSからHELTER SKELTERまで

「I AM THE WARLUS」はカウントと共に始まります。これまでのリミックスのラッシュが、このあたりから落ち着きを見せてきます。そしてエド・サリヴァンの紹介の声らしきもの、ハリウッドボウルライブの歓声と思わしきものを背景に「I WANT TO HOLD YOUR HAND=16」へ。編集で短縮されておりあっという間に終わってしまうとすかさず「DRIVE MY CAR=17」が小気味よく始まります。「SAVOY TRUFFLE=18」のブラスに「TAXMAN=19」のギターソロがぴったりはまってます。「WHAT YOU'RE DOING=20」がメドレーではさまれ、「THE WORD=21」のコーラスを経て再び「DRIVE MY CAR」へ。

スピリチュアルなシタールの音に導かれて聞こえてくるのは「GNIK NUS」。「SUN KING=22」のヴォーカル逆回転バージョンです。言葉の意味は不明になっていますが、十分曲になっているところがすごいですね。そして曲はそのままイントロギターなしで「SOMETHING=23」へ。フルコーラス終わったところでTRANSITIONで挿入された「BLUE JAY WAY=24」。その上に遠くから「NOWHERE MAN=25」、「GOOD MORNING=26」のSEが重なり、「BEING FOR THE BENEFIT OF MR. KITE!=27」がスタートします。この曲の間奏でも「GOOD MORNING GOOD MORNING」の馬のいななき等のSEが聞こえます。曲は唐突に「I WANT YOU=28」のリフに移り、サウンド後方には「HELTER SKELTER=29」のポールの叫びが。
ふぅ。曲は10曲目まできました。ここまでで登場したことがわかったのは29曲。その後全部を聴き終わりましたが、後半になればなるほど別曲のリミックスの陰は薄くなっていくので、120曲というのは延べの曲数なのかなぁ、などと勝手に解釈しつつ、まだまだこの企画は続きます。次は「HELP」からです。

When I'm Sixty-Four...

1952年生まれのポール・マッカートニー、今年64歳だったんですね…「LOVE」の発表と共にビートルズ熱が再燃し、改めて今振り返るあの頃、あの頃思っていた今の違いをポールに訊いてみたい気がします。

そして私は今日これから30年ぶりの中学校の同窓会。もう本当に30年来会っていない人たちを前に自分は何を感じるでしょう…

ビートルズの36年ぶり新作11月20日発売!!

誰もが目を、耳を疑うニュースが乱れ飛んでいますね。ビートルズの「Let It Be」以来36年ぶり新作の登場…

以前にもご紹介したラスベガスで上演中のシルク・ド・ソレイユ演じる「LOVE」の音楽。これがまた凄いらしいです。数ある楽曲をトラック毎に分解し組合せる、というサーカス団であるシルク・ド・ソレイユの音楽らしいアクロバティックな作業を経て、ビートルズの過去の音源が「新曲」として生まれ変わるそうです(因みにまだ見てませんが、ロッキンオンの今月号に「LOVE」のレポートが載っているそうです)。

これはもう聴いてみるまでわかりませんね。すごく楽しみです。

ステレオCDには78分の音楽がぎっしりつまっているそうですが、聞き捨てならないのはスペシャルエディションでセットとなるDVDディスク、ちょっと長目の81分の音楽が収録されているんですって!(映像は入ってません。)昔からフェードアウトの長さまで、ほんのちょっと違うだけで別バージョン、聴けて良かった、みたいな楽しみ方がビートルズにはあったと思うのですが、今回もCDとDVDを聞き比べるという楽しみを与えてくれるようです。おまけにDVDはビートルズとして初の5.1ch。DVD-Audioとビデオ映像のないDVD-videoトラックのハイブリッド盤です。

この仕事を成し遂げたのがかのサー・ジョージ・マーティンと息子のジャイルズ・マーティン。やはり彼らでなければできないのでしょう。

既にamazon、HMVでは予約が始まっています。11月20日ゲットを目指して予約あるのみです!

以下曲目リスト。眺めて期待に胸を膨らませましょう。

ザ・ビートルズ 『LOVE』

1. Because
2. Get Back
3. Glass Onion
4. Eleanor Rigby
Julia (Transition)
5. I Am The Walrus
6. I Want To Hold Your Hand
7. Drive My Car/The Word/What You're Doing
8. Gnik Nus
9. Something
Blue Jay Way (Transition)
10. Being For The Benefit of Mr. Kite!/I Want You(She’s So Heavy)/Helter Skelter
11. Help!
12. Blackbird/Yesterday
13. Strawberry Fields Forever
14. Within You Without You/Tomorrow Never Knows
15. Lucy in the Sky With Diamonds
16. Octopus's Garden
17. Lady Madonna
18. Here Comes The Sun
The Inner Light (Transition)
19. Come Together/Dear Prudence
Cry Baby Cry (Transition)
20. Revolution
21. Back In The U.S.S.R.
22. While My Guitar Gently Weeps
23. A Day In The Life
24. Hey Jude
25. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
26. All You Need Is Love

イエロー・サブマリン航海記 ビートルズ・アニメーション全記録

ご存じでしたか?私は昨日会社帰りに新宿のルミネにあるBOOK 1stに寄って発見してびっくりしました…

「イエロー・サブマリン航海記 ビートルズ・アニメーション全記録」

ブルース・インターアクションズから2,500円で、多分今月発売されたものです。

これ、いいです。読みやすい上に、かのビートルズの大傑作アニメ「イエロー・サブマリン」の隅々まで読み解き、裏話まで聞かせてくれるというすぐれ本。477ページに渡って当時の記録が満載です。もう今日にして100ページ突破、イエロー・サブマリンの曲の制作秘話から、どのようにあのカラフルで心をそそる素敵なアニメができたかを事細かに、当時の生き証人の言葉を中心に紹介してくれてます。

久々に秋の夜長を寝不足に陥れる本との出会いにわくわくです(須賀敦子も併行して読んでます)!
≪BACKHOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。