スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

もうこんな季節ですね

If on a Winter's NightIf on a Winter's Night
Sting

Decca/Deutsche Grammophon 2009-10-27
売り上げランキング : 580

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Stingの新譜はクリスマス・ソングです。もうこんな季節になってきました。1曲目に収録されている「ガブリエルのメッセージ」は随分前のコンピレーション盤に収録されていて、素晴らしく静謐なStingの歌声が印象的だったと記憶しています。同じバージョンかどうかは情報がありません。

なお、国内盤は限定版DVD付で輸入盤より一足早く明日発売です。

1. Gabriel's Message
2. Soul Cake
3. There is No Rose of Such Virtue
4. The Snow it Melts the Soonest
5. Christmas at Sea
6. Lo How a Rose E'er Blooming
7. Cold Song
8. The Burning Babe
9. Now Winter Comes Slowly
10. The Hounds of Winter
11. Balulalow
12. Cherry Tree Carol
13. Lullaby for an Anxious Child
14. Hurdy Gurdy Man
15. You Only Cross My Mind in Winter

バックミュージシャンの顔ぶれ(というより演奏楽器)を見ると、かなりイギリスの伝統臭たっぷりのように感じられます。楽しみです。

Kathryn Tickell (fiddle and Northumbrian pipes)
Julian Sutton (melodian)
Mary MacMaster (metal string Scottish harp)

そして以下がゲストミュージシャンです。
Vincent Sal (cello)
Daniel Hope (violin)
Chris Botti (trumpet)
Ibrahim Maalouf (trumpet)
Stile Antico (vocal ensemble)
Cyro Baptista (percussion)
Bijan Chemirani (percussion)
the Webb Sisters (vocals)

実は最近話題の件が身近に発生、明日まで自宅待機を余儀なくされております。私は今のところ元気です。

Procol Harum 「A Salty Dog」

Procol Harum、続いてのご紹介は3作目の名盤、「A Salty Dog」。

1曲目の「A Salty Dog」はGaryの作り出したクラシカルな作品としては、「A Whiter Shade Of Pale」、「Grand Hotel」と並ぶ3作のうちの1作だと思います。オーケストレーションも彼自身が手がけていることから、ピアノの腕前と合わせ、しっかりとした音楽教育を身につけていることを伺わせます。素晴らしく壮大でメロディアスな傑作です。

40周年記念のライナー・ノーツを読むとわかるのですが、このアルバムはその前年、アメリカでのThe Band体験と、イギリスでのThe Bee Geesとのツアーが大きく影響を及ぼしているようです。「A Salty Dog」に続く3曲は前者の影響、5曲目の「The Boredom」は、そのポップなメロディラインからして後者の影響を感じます。とりわけMatthew Fisherのペンになるこの曲と「Wreck Of The Hesperus」と「Pilgrim's Progress」の3曲は、非常に覚えやすいメロディにWetなMatthewのヴォーカルがぴったり。この後脱退してしまうMatthewのソロアルバムを私に追わせる要因となった大好きな曲です。

ボーナス・トラックには、シングル「A Salty Dog」のB面だった「Long Gone Geek」をはじめ、4曲のライブ演奏と、まだ荒削りな「The Milk Of Human Kindness」のファースト・テイクが収録されています。

いずれにしても、このアルバムがちょうどThe BeatlesのAbbey Roadと同じ年に出ているということを考えるだけでも、今にしてみればこの年がいかに重量級の名盤を生み出していたかの想像がつく気がします。

A Salty DogA Salty Dog
Procol Harum

Salvo 2009-05-26
売り上げランキング : 193041

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1 Salty Dog, A
2 Milk Of Human Kindness, The
3 Too Much Between Us
4 Devil Came From Kansas
5 Boredom
6 Juicy John Pink
7 Wreck The Hesperus
8 All This And More
9 Crucifiction Lane
10 Pilgrim's Progress
11 Long Gone Geek
12 Goin' Down Slow (bonus track)
13 Juicy John Pink (live in the USA April 1969/bonus track)
14 Crucifiction Lane (live in the USA April 1969/bonus track)
15 Skip Softly (My Moonbeams)/Also Sprach Zarathustra (live in the USA April 1969/bonus track)
16 Milk Of Human Kindness, The (take 1/raw track/bonus track)

Procol Harum 青い影

先日の記事以降、「青い影」にはまっています。何度聴いても素晴らしい。そして手元には40周年記念リマスターのCDが。

Procol HarumProcol Harum
Procol Harum

Salvo 2009-06-09
売り上げランキング : 29984

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャケットがピンク色なのがなんですが、リマスターで音がクリアになっている以上にBonus Trackが充実しています。オリジナルアルバムでは収録されていなかった「青い影」や、シングルのB面だった「Lime Street Blues」は既出なれど、「Understandably Blue」という、Garyがストリングスをバックに歌うこの曲は、メロディの美しさといい、Procol's版「She's Leaving Home」といってもいいくらい素晴らしいできです。Procol's Ninthに収録されてシングルヒットした「Pandora's Box」のインスト;バージョンも収録。この時期にはもうできていた曲だったんですね。

青い影は1967年3月のセッションで録音され、シングルになったわけですが、実は4月にも録音されて没になっていた、など、興味深いエピソードを交えた20ページにわたるブックレットも、未発表(というか自分が見たことがない)写真満載で、情報源としてもファンとしては嬉しい出来です。

涼しさを増した季節感にぴったりくるProcol Harum、おすすめです。

1 Whiter Shade of Pale
2 She Wandered Through the Garden Fence
3 Something Following Me
4 Mabel
5 Cerdes (Outside the Gates Of)
6 Christmas Camel
7 Conquistador
8 Kaleidoscope
9 Salad Days (Are Here Again)
10 Repent Walpurgis
11 Whiter Shade Of Pale, A (bonus track)
12 Lime Street Blues (bonus track)
13 Homburg (single version/bonus track)
14 Good Captain Clack (single version/bonus track)
15 Il Tuo Diamante (Italian single promo version/bonus track)
16 Understandably Blue (bonus track)
17 Pandora's Box (version 1: backing track/bonus track)
18 Alpha (bonus track)
19 Conquistador (bonus track)
20 She Wandered Through The Garden Fence (bonus track)
21 Homburg (album version/bonus track)

秋はProcol Harum

松武秀樹さんがライフワークと配信されている様々な音楽・楽器関連ニュースへのリンクメールで初めて知ったのですが、Procol Harumの10枚のアルバムが40周年記念でリマスター+ボーナス・トラックで再発されていたのですね。ファンでありながら今日まで知らなかったとは情けない・・・

現在7枚目、「Grand Hotel」までが発売になっています。そして10月26日には「Exotic Birds and Fruits」、「Procol's Ninth」、「Something Magic」の後期名盤3枚が発売で完結。

しかし、その前に、「All This and More...」というCD3枚にDVD1枚の4枚組コンピレーションが出ておりました。

CD1とCD2にはシングル曲やアルバム人気曲が、CD3にはライブ音源が、そしてDVDももちろんライブです。基本的には既に発売されているものがほとんどを占めているようですが、本当に泣けたのがDVD冒頭4曲です。

Bringing Home the Bacon
Toujours l'Amour
The Devil Came From Kansas
The Idol

1974年のデンマークのテレビ番組のようなのですが、ここで見られるGary Brookerの勇姿は、私が今まで見たどのGaryよりも格好良く、素敵で、まさに男前です。先般新宿厚生年金ホールで初めて見たGaryは、もう髪に黒いところは微塵もありませんでしたが、こちらはむしろ白いところは微塵もないです。今は指を労ってかMIDIピアノで、軽いタッチのピアノを弾いていることが多いように思いますが、この日はしっかりグランド・ピアノを弾いています。カメラアングルが固定的なので手元が余り映らないのが玉に瑕ですが、凛々しくも哀愁漂うブリティッシュの香りあふれるヴォーカルは流石です。

そしてさらにさらに感動するのが、今は亡きB.J.Wilson氏のドラム。鼓笛隊のようなスティックの握りで音数の多い、まさに彼らしいドラム・サウンドを生み出して素晴らしいです。胸の中に思う私が好きなドラマーのNo.1の座にこの30年の間、もっとも長く居座っている彼。やはり元気なうちに一度目にできなかったことが悲しいです。

秋。Procol Harumサウンドはいぶし銀のように輝きを増します。

All This & MoreAll This & More
Procol Harum

Salvo 2009-09-28
売り上げランキング : 5365

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Disc 1 (CD)
1/1 A Whiter Shade of Pale
Brooker / Reid / Fisher
1/2 Lime Street Blues
Brooker / Reid
1/3 Homburg
Brooker / Reid
1/4 In the Wee Small Hours of Sixpence
Brooker / Reid
1/5 Cerdes (Outside the Gates of)
Brooker / Reid
1/6 Salad Days (Are Here Again)
Brooker / Reid
1/7 Repent Walpurgis
Fisher
1/8 Shine on Brightly
Brooker / Reid
1/9 Glimpses of Nirvana
Brooker / Fisher / Reid
1/10 'Twas Teatime at the Circus
Brooker / Fisher / Reid
1/11 In The Autumn of my Madness
Brooker / Fisher / Reid
1/12 Look to Your Soul
Brooker / Fisher / Reid
1/13 Grand Finale
Brooker / Fisher / Reid
1/14 A Salty Dog
Brooker / Reid
1/15 The Milk of Human Kindness
Brooker / Reid
1/16 Pilgrim's Progress
Fisher / Reid
1/17 Long Gone Geek
Brooker / Fisher / Reid
1/18 Still There'll Be More
Brooker / Reid
1/19 About to Die
Trower / Reid
1/20 Barnyard Story
Brooker / Reid

Disc 2 (CD)
2/1 Your Own Choice
Brooker / Reid
2/2 Broken Barricades
Brooker / Reid
2/3 A Rum Tale
Brooker / Reid
2/4 For Liquorice John
Brooker / Reid
2/5 Robert's Box
Brooker / Reid
2/6 Beyond the Pale
Brooker / Reid
2/7 As Strong as Samson
Brooker / Reid
2/8 The Thin End of the Wedge
Brooker / Reid
2/9 Pandora's Box
Brooker / Reid
2/10 Fool's Gold
Brooker / Reid
2/11 Taking the Time
Brooker / Reid
2/12 The Unquiet Zone
Brooker / Reid
2/13 The King of Hearts
Brooker / Reid / Noble
2/14 Perpetual Motion
Brooker / Reid / Noble
2/15 The Emperor's New Clothes
Brooker / Reid
2/16 So Far Behind
Brooker / Reid
2/17 Man With a Mission *
Brooker / Reid / Noble
2/18 Blue Danube *
Strauss

Disc 3 (CD)
* denotes a live recording
3/1 New Lamps for Old *
Brooker / Reid
3/2 Last Train To Niagara *
Brooker / Fisher / Reid
3/3 Crucifiction Lane *
Trower / Reid
3/4 Rambling On *
Brooker / Reid
3/5 Juicy John Pink *
Trower / Reid
3/6 Broken Barricades *
Brooker / Reid
3/7 TV Ceasar / Rule Britannia *
Brooker / Reid mostly
3/8 A Souvenir of London *
Brooker / Reid
3/9 (You Can't) Turn Back the Page *
Brooker / Reid / Noble
3/10 Learn to Fly *
Brooker / Fisher / Reid
3/11 One Eye on the Future *
Brooker / Reid
3/12 Whisky Train *
Trower / Reid
3/13 All This And More *
Brooker / Reid
3/14 Luskus Delph *
Brooker / Reid

Disc 4 (DVD)
* indicates a live recording
4/1 Bringing Home the Bacon *
Brooker / Reid
4/2 Toujours l'Amour *
Brooker / Reid
4/3 The Devil Came from Kansas *
Brooker / Reid
4/4 The Idol *
Brooker / Reid
4/5 Something Magic *
Brooker / Reid
4/6 Butterfly Boys *
Brooker / Reid
4/7 Nothing but the Truth *
Brooker / Reid
4/8 Into The Flood *
Brooker / Reid / Noble
4/9 Simple Sister *
Brooker / Reid
4/10 Whaling Stories *
Brooker / Reid
4/11 The VIP Room *
Brooker / Reid
4/12 Kaleidoscope *
Brooker / Reid
4/13 Alpha *
Brooker / Reid
4/14 An Old English Dream *
Brooker / Reid
4/15 Grand Hotel *
Brooker / Reid
4/16 As Strong as Samson *
Brooker / Reid
4/17 Quite Rightly So *
Brooker / Fisher / Reid
4/18 Conquistador *
Brooker / Reid
4/19 Piggy Pig Pig *
Brooker / Reid
4/20 Seem to Have the Blues
Most all of the Time *
Brooker / Reid
4/21 Memorial Drive *
Trower / Reid
4/22 Wizard Man *
Brooker / Reid

GENESIS 1973-2007 LIVE

先日、The Beatlesのボックスに続いてトリプルパンチ目、GENESISのLIVE盤BOXセットが数日前に到着しておりました。

内容は素晴らしいですよ。Peter Gabriel氏在籍時のLIVEにボーナス・トラック付、ただ、こちらは、どうも以前発売されていたBOX、GENESIS ARCHIVE 1967-75に収録されていた「The Lamb Lies Down On Broadway」全曲ライブの抜粋(5曲)のような・・・

そして「Three Sides Live」はLP時代D面もLiveだったFour Sides Live盤、「The Way We Walk」はこれまでヒット曲中心のShortと、インストや大作中心のLongに分けられて単売されていましたが、今回はセット化を機にコンサートの曲順に並べ替えられ、さらにボーナス・トラックとして「MAMA」と「That's All」、「In To Deep」が追加されています。

もちろん目玉には、BOXのみの特典ディスクとして、「Live At The Rainbow」が。こちらはPeter全盛期のLiveで以下の曲順。

Watcher Of The Skies*
Dancing With The Moonlit Knight
The Cinema Show
I Know What I Like (In Your Wardrobe)
Firth Of Fifth
The Musical Box*
More Fool Me
The Battle Of Epping Forest
Supper's Ready

DVDには上記全曲が、CDには*以外が収録されています。

で、最新の「Live Over Europe 2007」はスペースのみがあって、手持ちのを入れてください、ということで収録されておりません。

ところで、今回のBOX化はやや中途半端な感じが否めません。

これまでの3つのBOXではすべてのスタジオ盤がSuper Audio CD化されていたのが、今回は全部通常のCDであること、DVDが付属しているのは「GENESIS LIVE」と「SECOND OUT」、そしてボーナス盤の3種類だけ、と統一感がありません。箱はさすがに4つ並べると黒、緑、赤、青と壮観なのですが、最後でちょっと残念でした。

とはいえ、GENESISの歴史のほぼすべてを最高の音質で手元において置けるのはやはり幸せです。1978年の中野サンプラザ、ちょうど「...And Then There Were Three」のツアーを観てから、結局30年、「Follow You Follow Me」からファンになるという邪道路線ながら、結局愛し続けてきたわけです。Peter Gabrielの自在のヴォーカル、Steve Hackettの流麗なギター、Mike Rutherfordのスーパー・ピッキングベース、Phil Collinsのパワフルなドラムス、そしてTony Banksのつぼを押さえたキーボード。だれをとってもどの曲をとっても素晴らしい、やはりすごいグループだと思います。

Live 1973-2007Live 1973-2007
Genesis

Rhino 2009-09-29
売り上げランキング : 744

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


再び美しいジャケット作品の再発~Graeme Edge Band

The Moody BluesのドラマーだったGraeme Edge氏のソロ2作がリマスターされて再発されます(Dsik Unionでは既に入荷済みでした)。

この2作も、スペイシーな美しいジャケットですね。特に「Paradise Ballroom」は秀免です。以前ご紹介したカナダのStarcastleに通じるものがありますね。

実は彼のソロ作品は一度も聴いたことがないのですが、このリマスターを機に聴いてみようかと・・・

Paradise BallroomParadise Ballroom
Graeme Edge Band

Esoteric 2009-08-25
売り上げランキング : 445482

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Kick off Your Muddy BootsKick off Your Muddy Boots
Graeme Edge Band

Polygram 2009-08-25
売り上げランキング : 445483

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Beatlesが出るのにGenesisですか・・・

The Beatlesのボックスセットが2組も出る9月に、Genesisもですか・・・

これまでそろえてきた3つのスタジオ・アルバムBOXに続き、ついに完結編?のライヴ盤BOXが登場してしまいます。これまで通り10枚のCDにDVD(NTSC/リージョンALLなので日本国内向けプレーヤーでも再生)が3枚付いて13枚組!
そして今回もBOXセットオンリーのボーナス・ディスクも付いてます。
WEBの写真で見ると、緑、赤、青と並んだBOXに、どうも今度は黒らしいです。かっこいい!

3つ持っているものとしては、どうしてこの4つめを手にせずにいられましょう。HMV on Lineで15,990円。ま、枚数に比べたら安いですが・・・

amazonによれば9月29日発売予定です。

(トラック・リストは予定)

「GENESIS LIVE」
1CD and 1DVD (Stereo & 5.1):
CD:
1:Watcher Of The Skies
2:Get 'Em Out By Friday
3:The Return Of The Giant Hogweed
4:The Musical Box
5:The Knife (Live)
DVD;CDと同じ曲目(予定)
+(extras):
*Fly On A Windshield
*Braodway Melody
*Back In NYC
*Chamber Of 32 Doors
*Anyway

「SECONDS OUT」
2CD and 1DVD(Stereo & 5.1):
CD1: 1:Squonk
2:Carpet Crawlers
3:Robbery, Assault And Battery
4:Afterglow
5:Firth Of Fifth
6:I Know What I Like
7:The Lamb Lies Down On Broadway
8:The Musical Box (Closing Section)
CD2: 1:Supper's Ready
2:The Cinema Show
3:Dance On A Volcano
4:Los Endos
DVD; CDと同じ曲目予定

「THREE SIDES LIVE」
2CD (Stereo only):
CD1: 1:Turn It On Again
2:Dodo
3:Abacab
4:Behind The Lines
5:Duchess
6:Me And Sarah Jane
7:Follow You Follow Me
CD2; 1:Misunderstanding
2:In The Cage (Medley)
3:Afterglow
4:One For The Vine
5:The Fountain Of Salmacis
6:It/Watcher Of The Skies

「THE WAY WE WALK」
2CD (Stereo only):
CD1: 1:Land Of Confusion
2:No Son Of Mine
3:Jesus He Knows Me
4:Throwing It All Away
5:I Can't Dance
6:Mama
7:Hold On My Heart
8:That's All
9:In Too Deep
10:Tonight, Tonight, Tonight
11:Invisible Touch
CD2: 1:Old Medley
2:Driving The Last Spike
3:Domino (Medley)
4:Fading Lights

「LIVE OVER EUROPE」
2CD (Stereo only):
CD1: 1:Duke's Intro
2:Turn It On Again
3:No Son Of Mine
4:Land Of Confusion
5:In The Cage
6:Afterglow
7:Hold On My Heart
8:Home By The Sea
9:Follow You Follow Me
10:Firth Of Fifth (Excerpt)
11:I Know What I Like (In Your Wardrobe)
CD2: 1:Mama
2:Ripples
3:Throwing It All Away
4:Domino
5:Conversations With 2 Stools
6:Los Endos
7:Tonight, Tonight, Ton

「BONUS DISCS」
1CD and 1DVD(Stereo & 5.1):
"The Rainbow Show from 1973/10/20"
[CD]
1. Firth Of Fifth
2. I Know What I Like
3. CInema Show
4. Dancing WIth The Moonlit Knight
5. Epping Forest
6. Suppers Ready
7. MOre Fool Me

[DVD]
1. Firth Of Fifth
2. I Know What I Like
3. CInema Show
4. Dancing WIth The Moonlit Knight
5. Epping Forest
6. Suppers Ready


※DVDはNTSC/REGION=ALL 日本国内向け再生機器で再生可能です

Robert Wyatt Box Set + 5EP Box Set

Box Set: +5 Ep Box SetBox Set: +5 Ep Box Set
Robert Wyatt

Domino 2009-08-03
売り上げランキング : 26986

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここのところはWoodstock40周年記念も盛り上がっているようですが、私は渋くRobert Wyattを待っています。おそらくいよいよ1ヶ月と9日後に迫ったThe Beatles Box Setに向けて、最後のお買い求めとなろうかと思います。Shleepだけ持っているのですが、これで名曲Shipbuildingが手に入るかと思うと嬉しいです。Mike Oldfield参加のアルバムもありますし。8月3日発売予定です。収録アルバムは以下のとおり。

'Rock Bottom' (1974)
'Ruth Is Stranger Than Richard' (1975)
'Nothing Can Stop Us' (1981)
'Old Rottenhat' (1985)
'Dondestan Revisited' (1991/1998)
'Shleep' (1997)
'EPS' (1998)
'Cuckooland' (2003)
'Robert Wyatt & friends, Theatre Royal Drury Lane 8th September 1974' (2005)
'Comicopera' (2007)

ASIAとGilbert O'sullivan

特に脈絡はありませんが、先日放映された番組をそれぞれ録画していて、それを続けて観ました。

1本は先日来日したASIAの東京厚生年金会館のライブ。デビュー当時のメンバーとしては初来日だったのではないでしょうか。私が武道館へ行ったときも、John Wettonではなく、Greg Lakeでしたから。

出だしから、音の迫力がなく、ちょっといまいちかも、と思っていましたが、ELPの名曲、「Fanfare for the Common Man」が飛び出す頃から惹きつけられ、「In the Court of the Crimson King」やSteve Howがマンドリンで弾く「Don't Cry」と新鮮な演奏でよかったです。

Carl PalmerとGoeff Downesは往年の姿をとどめていましたが、かなり横幅が広がってしまったJohn Wettonと、老人度が急速に高まった感のあるSteveにはちょっとショック。中でもJohn Wettonは、渋谷On Airでソロ・コンサートを観てますので、なおのことショックが大きかったです。それでも男らしいブリティッシュ・ヴォイスは健在でしたね。ベースもサムピックをつけて歌いながら自在に弾く様はやはりかっこいいです。

次に観たのがBSで放映されたGilbert O'sullivanの「Alone Again」を取り上げた番組です。

改めて歌詞を画面で読みながら観ていたら、すごく感動しました・・・涙が出ました。ほんとにいい曲です。ぜひじっくり歌詞をかみしめながら聞いてほしい曲です。久しぶりに見る来生たかおさんも、器用にコピーした「Alone Again」を職人芸的に披露、番組全体がGilbertのカラーに仕上がっていて、こちらはそういった意味での完成度が高い、残しておきたい番組と感じました。

久々にゆっくりテレビを観た日曜日でした。

Henry Cow Anniversary Box Set 到着!

Henry Cowの10枚+DVD+おまけディスクの豪華セットが届きました!おまけCDは1000枚限定、ということで761/1000でした。

実は彼らのアルバムをしっかり聴くのは今回が初めてとなるのですが、1枚目を聴いていて、早速ぐぐっと引き込まれる何かを感じました。これまでArt BearsやFaustなど関連の音楽には接していたものの、この歳になって初のHenry Cow体験はなかなか興奮ものです。

情報収集不足で、The Roadというタイトルだったので、てっきりライブ音源ばかりかと思っていましたが、中にはデモ音源なども含まれています。

まだ手探りの段階の断片、断章が続き、あら削りな音群が現れては消えていく様はなかなかカラフルで、変化の表情に富んでいます。いいです。

The Road Vol.1-5The Road Vol.1-5
Henry Cow

ReR 2009-02-16
売り上げランキング : 107521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

The Road Vol.6-10: +DVDThe Road Vol.6-10: +DVD
Henry Cow

ReR 2009-02-09
売り上げランキング : 103324

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。