スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

去年から書き残してしまっていたこと

う~ん、WEBでサラリーマンがTwitterだのブログだのを両立させていくことの難しさを昨年は知りました。なんといっても時間がない!そして一番悪いことに、Twitterで呟いてしまうとブログに書いた気になってしまって、さらに掘り下げて長文に仕立て上げることをしなくなってしまう!

こうした葛藤の中で、昨年は思い起こせば10月25日、代々木のBogalooで藤野由佳さんの蛇腹姉妹を観に行ったことも書かずじまいでした。由佳さん、ごめんなさい。

いつもはワンマンのときにしか行っていなかったのですが、今回は同行の方もいらっしゃったので、はじめて対バンありで臨むライブでした。この対バンの方々がみなさんなかなか個性的で...いつもとは大分違う雰囲気の中で蛇腹姉妹を聞きました。

彼女らの演奏は相変わらずの多国籍民謡ダンス系で、ちょっと暗面白いトークを軸にハイテクなアコーディオンを聴かせてくれて素敵でした。それでもやはりワンステージでは時間が短く、ワンマンでたっぷり聴いてこその蛇腹姉妹かと。由佳さんとは終演後駆け足ながら久しぶりにお話ができて嬉しかったです。

そして12月12日にはZABADAKのライブへ。こちらも立て続けに同行者(別人ですがお二方とも同業でした)あり。今までずっと一人でライブ参戦していたのですが、ほんと珍しいことです。その方もひょんなことから小峰公子さんとつながり、お二方とつながっている私がお二方をさらに強固につなげ、みたいな、そんな経緯で...

ライブ、とてもアコースティックで静かな素敵なものでした。一音一音が大切に紡ぎだされてくる感じで、吉良さんと小峰さんにRivendellの木村林太郎くんのアイリッシュ・ハープとヴォーカルが絡む構成は、なんだか夢のような空間を作り出していたのでした。場にそぐわない日本酒(久保田千寿)を飲みながら、すっかり浸っておりました。

私が知らない小峰さんのKARAK時代の曲なども演奏され、馴染みの方の多いお客さんも大盛り上がりで、大変充実した夜でした。そうそう、よくライブでお見かけするいつもタータンチェック系の装いのきれいな女性を会場へ向かう外苑前駅で目撃し、あぁ、この方はきっといつもZABADAKのライブに来ている方だ、とわかるようになってしまいました。案の定、会場ではお友達と前の方に陣取って楽しんでおられました。

そして、この日のライブのゲストには、フランス人の俳優ジリ・ヴァンソンさん。のだめカンタービレのジャン・ドナデュウ役も演じる方です。大好きだというZABADAKの歌を歌い、拍手喝さい。さすが、なかなか雰囲気のある美声で、最近ご自身のライブ活動にも力を入れていらっしゃることを伺わせます。ほんと、見た目もカッコ良くて羨ましいです。この方は実はケータイ刑事銭形愛の第5話「消えた凶器の謎 〜チューボーですよ殺人事件〜」にも出演されているということで、宮崎あおいちゃんファンの私としては嬉しい初対面でもありました。

たっぷり吉良さん、公子さんの歌を聴かせていただいた後は、同行の方とヴァンソンさんにご挨拶をしたり打ち上げの冒頭お邪魔させていただいたりで、ライブの余韻を味わいつつ、さらにもう一軒飲みに行って終電、という充実の日曜日の夜となったのでした。

そしてその翌日の夜もZABADAK。詳しくは?小峰公子さんのブログをご覧くださいませ(本当は難波さんもいらっしゃったのですよ!)。ほんとに一年間、いろいろと勉強とよい経験をさせていただきました。吉良さん、公子さん、そして関係の皆さまには感謝感謝です。去年のうちにこの場ではお礼を申しあげられずすみません!今年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします!
2011年01月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

トイレの神様を観ました

昨日放送されたドラマを食事をしながら観ました。歌と重なってあちこちで涙が出そうになってしまって大変でした。実は私は涙もろいんです。音楽で感動すると涙腺のそこここにほころびができて、ふとした拍子に決壊します。

「やや話が散漫」といった評もあったようですが、どうしてどうして、最後まで楽しめました。確かに彼氏との関係の行く末等やや中途半端に終わったエピソードもあったように思いますが、おばあちゃんがいつも味方をし、花菜のことを想って言動している姿がほんとにじんときました。ま、どうせなら歌詞通りにおばあちゃんともぶつかって家を出て、2年が過ぎて入院して1度会った翌日に静かに眠りについてくれても良かったのかもと...このあたりは原作が植村花菜さんの本なので、事実はそうなのかもしれません。すみません、まだ読んでいないので。

そして今話題の子役、芦田愛菜ちゃん6歳、すごいですね~。演技上手です。そして今日気付いたのですが(多分私だけの思い込みだと思います)、芦田愛菜ちゃんの目って裕木奈江さんの目にそっくり!その眼力に魅かれるものがあります。将来いい女優さんになって欲しいなと思う反面、このまま大人になるとなかなかに男を惑わせる女優になるのでは、と思ったのでした(いいんですけどね、もちろん)。


2011年01月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

植村花菜『NEW YEAR & BIRTHDAY "HAPPY × HAPPY PARTY"!!!

というわけで、本日まだ休暇中の私は植村花菜さんの『NEW YEAR & BIRTHDAY "HAPPY × HAPPY PARTY"!!!というイベントへ参加してきました。

場所は渋谷駅から徒歩5分ほどの施設内にあるさくらホール。およそ500人弱収容可能な中ホールです。

開場15分前に集合がかかり、招待券に印字された整理番号順に中へ入れば自由席。それほどあわてることなく、8列24番の席に着席。客層はほぼ95%が男性でしょうか。年齢層も彼女の同年代からおじいさんと言える方までかなり幅広くいらっしゃってました。

ステージ上には両側にきれいに着飾った門松をあしらい、菊正宗の樽が3コづつ計6コ。そしていつものGibsonのギターが一本立て懸けてあるだけです。

そして14時開演。

まずは昨年を振り返るスライドが「トイレの神様」のアコースティックギターをバックに流され、紅白出演時の様子までが映し出されます。そして、いよいよ花菜さん登場。お正月らしくライトブルーの振袖姿です。いかにもギターは弾きにくそうな感じでしたが、それでもスタッフの力を借りて方にかけたギター1本で、「トイレの神様」、「伝えたいこと」そして「ありがと。」の3曲を披露してくれました。

そしてこの後は絶好調のトークショー。モスバーガーで働いていた頃のエピソードや、今回お正月に帰省した時の周りの反響等をさすが関西人らしく笑いを交えながら伝えてくれました。

そしておめでたく鏡開き。会場から3名の方がステージに上がり、花菜さんと一緒に鏡割り。因みに樽の中は空だったそうです(会場を汚さないため)。そして続いてサプライズ!?のバースデーケーキ登場。こちらも防災の関係でろうそくが一本も立っていなくて、花菜さんはちょっと寂しそうでしたが、それでも樽酒、ケーキとそれぞれを配してのマスコミ写真撮影がしばし。

そして最後に昨年のツアー用に書き下ろしたアルバム未収録曲「My Favorite Song」を歌って今日のイベントは終了したのでした。

終了後は、誕生日とあって、プレゼントを持った男子が次々にステージに届け、一つひとつ丁寧に受け取っては握手をしている姿は、ファンが身近に感じられる等身大のミュージシャンとしてとても好ましく見えたのでした。

私の方はと言いますと、今日しかないお楽しみ袋なるものをゲットしようと早めに会場を後に列に並んで購入しました。帰宅後中を改めてみると、Tシャツが2枚、ストラップ2つ、タオル1枚、ステッカー1枚と直筆と思われるサイン入りスナップ写真入りでした。大事にとっておこうと思います。

さて、そんな彼女のワンマンツアーが決定です。東京は4月15日、渋谷C.C.Lemonホール。今日の20:00からe+でどこよりも早い受け付け開始です。

新年、彼女の素敵な音楽でライブの幕開け。さてさて、今年はどんなライブに出会えることやら、楽しみです!
2011年01月04日 | Comments(2) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。今年の正月は特にどこかへ旅行するでもなく実家の行き来だけでした。その分駅伝やラグビーを満喫。なんといっても早稲田大学駅伝総合優勝はおめでたい!最終区、追いつき追い越されるのではないかとハラハラしましたが、これもまたスポーツ観戦の醍醐味ですね。ほんといい勝負でした。

明日は抽選で当たった植村花菜さんのバースディライブ at 渋谷です。昨年末から2度目のトイレの神様が聴けそうです。
今年はどんな一年になるのか、楽しみな1月のスタートです。

みなさんもどうか健康によい1年をお過ごしください!
2011年01月03日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

今年一年、お世話になりました(+日本レコード大賞観覧記)

あっという間に大晦日になってしまいました。今年一年は皆さまにとってどのような年となりましたでしょうか。

相変わらず私は仕事と趣味の音楽・写真三昧の生活に明けくれた気がします。
昨日も日本レコード大賞の観覧におじゃまさせていただき、思いのほか充実した演奏・歌唱を堪能してきました。

会場となった新国立劇場中劇場は、キャパがおよそ1000人のところ、撮影の関係で席がいろいろとつぶされているため、おそらく800人いたかどうか、ということでしょうか。テレビの生中継など、滅多に経験したことのない私なので、放送ではCMが流れている間、司会の堺正章さんらが客席に向けていろいろと話しかけてくださったり、ゲストの方とのお話を聞かせてくださったりで、飽きることのない3時間半でした。

自分的には、今年最も聴いたアーティストである植村花菜さんといきものがかりの登場でとても嬉しかったです。「トイレの神様」は初めて生で聴けて(しかもバックにオーケストラ付)、花菜さんの美しさ、歌のうまさ、歌っているときの表情の良さを改めて認識、いきものがかりは聴かせる「ありがとう」と乗せる「じょいふる」で聴衆を魅了していました。帰ってから録画していたテレビを観ましたが、「じょいふる」あたり、あの臨場感はあの場でないと、と思うくらい現場での迫力があって、やっぱりライブはいいなぁ、とこちらも改めて思った次第です。

因みに、各賞受賞者で新人賞と大賞の発表を待っているアーティストは皆客席に座るのですが、私の3列まん前に植村花菜さんが座られてびっくり!超接近しました。1月4日のバースディライブ行きますよ!とお声掛けしたかったところです(所属のキングレコード主催でタワレコで応募はがきを配った抽選ライブに当たったのです!新年早々、来年は植村花菜さんで年明けです)。

そしてファンになって30年以上経って、初めて生で歌う姿を観ることのできた岩崎宏美さん、今年を代表するであろう、AKB48や少女時代、西野カナさんなどを観られたことも楽しい思い出でした(少女時代の一人が超かわいい!と思って調べましたが誰かわからず。私には9人でも人多すぎです汗)。

会場では、お世話になっている服部克久先生や川口真先生にご挨拶。あの場では主催者側としてメインのお二人ですから、タキシード姿で胸に立派なお花をつけていらっしゃって、とても素敵でした!

と、こんな風に一度経験すると病みつきになりそうな楽しいイベントでしたよ!

また来年も、自分の好きな、身の回りの音楽のことを中心に楽器やら電子デバイスやら写真のことやら、Twitterと連動で書いていきたいと思っています。実はまだ年末ZABADAKのライブにお邪魔したことなど、書けていないこともありますので、そちらは年越してまた。

それでは皆様、本年も(やや記事更新が少なくてごめんなさい!)「遠い音楽」にてお付き合いいただきましてありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えください!
2010年12月31日 | Comments(0) | Trackback(1) | 遠い音楽日記

Line 6 POD HD 500を使ってみて~#1

Line 6 POD HD500、これやっぱり凄いです!

まだただプリセットの音をひとつひとつ試してみたりしているところなんですが、それぞれの出来が半端でなく素敵です。最近の常用となっているFender Custom Shop製のStratocaster(Master Build by Mark Kendrick)をつないで、PCとはUSB接続、AKGのスタジオ・モニター用ヘッドフォンで大音量、というのが今のスタイルなんですが、tギターの音がステレオ聞こえることもあり、広がり感やら音の質感がとてもしっくりくるんですよね。デジタルで作ったという感じは少なくとも私にはしません。

そして、PC用には無料でEditerソフト POD HD500 Editが配付されているので、ダウンロードしてインストール。これで立ち上げ時本体のプリセットを全部読みこんでくれるので、足元でボタン操作をしなくてもPCのモニタ上でセッティングを変えたりすることができて便利です。

しかも、もうUSBでつないだ途端に、自動的にiTunesの音がラインでMIXされ、ヘッドフォンから聞こえてきました。最初は爆音でびっくりしましたが、音量調節でGOOD!こちらはもちろんエフェクト処理されていないので、そのままステレオで鳴っている音楽に、自分の演奏をかぶせてしまう、なんてこともできてしまいます。

これは大変なおもちゃを手に入れてしまったな...と、後悔、いや狂喜しているところです。

まだまだこれからレポート続きそうです。
2010年12月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

Ancora una notte insieme - L'ultimo concerto

Poohの新譜が手に入ったのはいいのですが、実は今年もう1枚出ていた2枚組DVDセットが手に入っておりません。国内で売っているところを知らないためなんですが、最近お店に行っている暇もなく、できるだけネットで探して済ましてしまいがちの今日この頃、本日遂にイタリアのショップ・サイトで発見したものを注文してしまいました。

どうも在庫が少なさそうで、もしかしたら在庫切れでひっかかるかも。あまり売っていないところを見るともしかすると限定版かも、などと思っております。2DVD+BOOKなどともなっておりました。

さてさて、全編イタリア語での買い物だったので、いくつか意味不明のカラムがありましたが、なんとか最後PayPalで支払えたから買えたのだと思います。購入手続き完了を示すらしいメールも届きました。

あとは到着を待つばかり!
2010年10月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

三木鶏郎追悼コンサート鶏郎音楽天下天上 あのうたこのうたいまなおひびく

大分時間がたってしまいましたが、10月9日(土)、TOKYO FMホールで催されたコンサートへのお誘いをいただき、行ってきました。

三木鶏郎さんといえば、東大法学部を出ながらも、昭和初期から平成の時代まで活躍していた作詞家、作曲家であり、放送作家でもある高い才能のある多芸なお方。私が、その方にお世話になった方々にお世話になっている関係で、今回もコンサートへお邪魔することになりました。

登場されたのは、東大OB合唱団有志の方々、芦野宏さん、遊佐未森さん、鈴木慶一さん、ダークダックスさん、ボニージャックスさん、スリーグレイセスさん等の当時の歌をオリジナルで歌っておられた方を含む面々。

トップバッターの東大OB合唱団有志の方々は、ほんとうにお歳に似合わぬ力強い合唱で鶏郎さんの「こおろぎ」等を歌われました。指揮をされた方もかなりなお歳とお見受けしましたが、矍鑠としていて、ついつい見習わねば、などと思ってしまいました。

そして、第一部では鶏郎さんの一生を一龍斎貞花さんが講談で聞かせて下さいました。戦時中の時代背景とは裏腹に、鶏郎さんの人生がとても明るく聞こえたことが印象的でした。

第二部からは音楽がたっぷり。三木鶏郎抒情歌集と銘打ち、今聴けば普通にポップスソングなんですが、それをピアノ伴奏でしっとりと(もちろん時に激しく)客席に歌いかける趣向で、このあたり、時代を後追いで聞いている私としても楽しめる内容でした。特に遊佐未森さんはとてもお綺麗で、「ゆらりろの唄」という曲(ご自身の昭和歌謡のCDでも取り上げておられます)をとてもしなやかに歌われていて良かったです。

ダークダックスのみなさんは本当は4人のところ、この日はお二人のみの出演で、ご自身でハーフダックスと呼んでおられたのがちょっと寂しくもありました。ゲストにうたのおねえさん、しゅうさえこさんをお招きしてのCMメドレーなど、おしゃべりと歌、とても楽しかったです。

そして、20分間の休憩後、主要な出演者がステージに横並びに座り、第三部、三木鶏郎音楽SHOWのはじまりはじまり。

驚いたのは、最初に流れた日曜娯楽版関係で放送されたものでしょうか、当時の放送オリジナルコントの内容が、今聴いてもほんとに時代にぴったりあっていて怖いくらいでした。日本の社会ってある意味ずっと変わってないんだなぁ、と妙に納得しました。

その後はもうヒット曲、代表曲のオンパレードです。私が一番好きな「僕は特急の機関士で(東海道線の巻)や鉄人28号、ジャングル大帝など、やっとちょっとだけ同時代になって嬉しかったり。最後まで一気に流れる構成は見事でした。やや平均年齢層高めのお客さんも最後はのりのりで、コンサートの終わりを笑顔で迎えたのでした。

終了後は、場所を変えての打ち上げにお邪魔させていただき、お世話になった方々に囲まれ(小さくはなっていましたが)、私越しに交わされる会話に、当時の面影を想像しつつ、夜は更けたのでした。

お招き下さった関係者の皆さま、どうもありがとうございました。お疲れ様でした。
2010年10月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

なかなか更新ができず...気がついたら200,000アクセス超!多謝!

ここのところやはりなかなかブログの更新ができずにおります。

そうこうしているうちに、カウンターはなんと200,000の大台へ!

ありがとうございます。こんな今、更新頻度の低下してるブログですのに。それでも読んでくださるみなさまのお陰で書く意欲を維持し続けている私です。

直近の記事、齊藤ネコさんのライブの後も、三木鶏郎追悼コンサート、船村徹先生のお弟子さんだった走裕介さんの演歌コンサート、同窓会&同期会、ニコニコ大運動会に出かけておりまして、書くネタは尽きずなのですが、いかんせんまとまった文章を書いている時間がありません。このため、ついつい140文字のTwitterに走ってしまいがちに...

今日の話題としては、イタリアの永遠のポップバンド、POOHの久々の新作フルアルバム「DOVE COMINCIA IL SOLE」が発売になったのですが、狙っていた限定盤、特殊サイズ&デザイン・パッケージの限定盤が新宿ディスクユニオンのプログレッシブロック館に入荷したことがメールで判明。昨日即予約取り置きをお願いしました。今日には回収してくるつもりです。
2010年10月20日 | Comments(2) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

CD BOXの季節

この秋もBOXの発売が多いです。輸入版ではきっともうJohn Lennonのが発売になったと思いますし、Jimi Hendrix、Paul McCartneyのBand On The Run、George Harrison Collaborationなどもありますね。

私がそれらCD BOXの中から選びに選んで、現在予約中のものは次の2点です。

Olivia Newton Johnの来日に合わせて発売される、過去のスタジオ作10枚におまけDVDをつけたBOXと、Bruce Springsteen最高傑作と私が疑わない「Darkness On The Edge Of Town」のアルバムに未発表曲やらライブやらの音・映像をふんだんに集めたなんと6枚組。全部聞き終わるのに一体どれだけかかるやら。

この秋は音楽も写真も実り多き秋となりそうです。

オリビア・ニュートン・ジョン~40周年記念コレクション(DVD付)オリビア・ニュートン・ジョン~40周年記念コレクション(DVD付)
オリビア・ニュートン・ジョン

USMジャパン 2010-10-13
売り上げランキング : 1168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


闇に吠える街~The Promise:The Darkness On The Edge Of Town Story(DVD付)闇に吠える街~The Promise:The Darkness On The Edge Of Town Story(DVD付)
ブルース・スプリングスティーン

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2010-12-08
売り上げランキング : 227

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2010年10月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。