スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

延期になっていたThe Alan Parsons Projectリマスター盤

もう一年近くだったと思いますが、名作「I Robot」や「Eye In The Sky」に続いてボーナストラックを背負いリマスター再発される予定だったThe Alan Parsons Projectのアルバムが、やっと3月18日発売(因みにHMVは2月25日表示)ということで掲載されています。

70年代から80年代にかけて全盛を誇った彼らの「I Robot」に並ぶ傑作はと聞かれたら、私が迷わずあげる3枚が今回の再発対象の以下のアルバム。

「Pyramid」の赤茶けているのにキラキラと輝いていた音の洪水、「Turn Of A Friendly Card」のポップなA面と対照的なB面全部を費やした組曲風構成、Eric Woolfsonは「Time」でヴォーカリストとして大成し、後の「Eye In The Sky」や「Don't Answer Me」に繋がったと思います。ですが私は、組曲の中の「Nothing Left To Lose」のビートルズらしさ(今回ボーナストラックに3曲も!)と、ラストの壮大なオーケストレーションをバックに泣きまくるIan Bairnsonのギターが大好きでした。そして、何枚かのアルバムをはさんで発売された「Stereotomy」ではやや音がハード且つタイトになって新鮮でしたが、中でもかのミスター青い影、Gary Brookerをリード・ヴォーカルに擁した「Limelight」は白眉です。名曲だと思います。

「Pyramid」と「Turn Of A Friendly Card」はレギュラー盤で今も持っていますが、「Stereotomy」は長らく廃盤になっていて手元に無かったため、レコードで手にした頃以来の待望の再発です。リマスターされた音と共にどんな変化を遂げているのか楽しみです。

この春、先のJackson Browne、Poohと、続々宝の山があちらから押し寄せてくるようで、嬉しい限りです!

PyramidPyramid
Alan Parsons

Sony BMG 2008-03-18
売り上げランキング : 2746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1 Voyager
2 What Goes Up
3 Eagle Will Rise Again
4 One More River
5 Can't Take It With You
6 In The Lap Of The Gods
7 Pyramania
8 Hyper-Gamma-Spaces
9 Shadow Of A Lonely Man
10 Voyager/What Goes Up/Eagle Will Rise Again (instrumental/bonus track)
11 What Goes Up/Little Voice (early version demo/bonus track)
12 Can't Take It With You (early version demo/bonus track)
13 Hyper-Gamma-Spaces (demo/bonus track)
14 Eagle Will Rise Again (alt. version backing track/bonus track)
15 In The Lap Of The Gods (part 1 - demo/bonus track)
16 In The Lap Of The Gods (part 2 - backing track rough mix/bonus track)

Turn of a Friendly CardTurn of a Friendly Card
Alan Parsons

Sony BMG 2008-03-18
売り上げランキング : 2630
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1 May Be A Price To Pay
2 Games People Play
3 Time
4 I Don't Wanna Go Home
5 Gold Bug
6 Turn Of A Friendly Card
7 Snake Eyes
8 Ace Of Swords
9 Nothing Left To Lose
10 Turn Of A Friendly Card (part 2)
11 May Be A Price To Pay (intro - demo/bonus track)
12 Nothing Left To Lose (basic backing track/bonus track)
13 Nothing Left To Lose (Chris Rainbow overdub vocal compilation/bonus track)
14 Nothing Left To Lose (early studio version with Eric Guide vocal/bonus track)
15 Time (early studio attempt/bonus track)
16 Games People Play (rough mix/bonus track)
17 Gold Bug (demo/bonus track)

StereotomyStereotomy
Alan Parsons

Sony BMG 2008-03-18
売り上げランキング : 7419

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1 Stereotomy
2 Beaujolais
3 Urbania
4 Limelight
5 In The Real World
6 Chinese Whispers
7 Stereotomy Two
8 Light Of The World (instrumental/bonus track)
9 Rumour Goin' Round (demo/bonus track)
10 Stereotomy (Guide vocal/bonus track)
11 Stereotomy (reprise/bonus track)

コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。