スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

情報不足のため今頃~ペッカ・ポホヨラ

昨年12月20日に、ペッカ・ポホヨラのデビューから3作目までが紙ジャケで発売されていた、というのを今日レコード・コレクターズを読んで知りました。その3作目が、今回原タイトルで「Keesojen Lehto(妖精ケーソスの森)」として発売されていますが、実はこのアルバム、私の青春時代、ヴァージンから、「Mathematician's Air Display」というタイトルで発売されていたもの。MikeとSallyのOldfield姉弟が登場することで有名でした。ジャケットもクリアで硬質なものだったのですが、今回の紙ジャケはオリジナルのフィンランド盤に合わせています。

このアルバムは長らくCD化を待ち望んでいた、今では数少なくなったアルバムの一つ。知った以上は買いに走りますよ~。明日新宿のDiskunion Progressive館へ行っている暇はあるでしょうか…
2008年01月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。