スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

有栖川宮記念公園周辺の散策アルバム

14日成人の日、滅多に行くことのない日比谷線広尾駅で降りることになったため、カメラを片手に道中写真を撮りながら歩きました。ちょうど行き先の途中に有栖川宮記念公園がありましたので、初めて訪問。さすがに冬の寒々とした風景でしたが、葉の落ちた木々の枝が織りなす山水画のような模様に感動しました!曇っていたので、なおのこと「枯れた」雰囲気が出ていたような気がします。ここではたくさんとったうちの3枚をご紹介します。

まずは、入り口からいきなり池があります。そしてこんもりと茂った森を抜ける小道も小川に沿っており、水を重要な要素として取り入れている公園、という印象です。驚いたのは鳥の種類が多いこと。小鳥があちこちを飛び回り、目の前に見たこともないようなちょっと瑠璃色に輝く鳥が一瞬姿を現したりして、都会の中とはとても思えませんでした。

有栖川宮記念公園  鳥の囀る小川#1  鳥の囀る小川2

そして次なる驚きは、こちら、もう梅が咲いておりました。いつも早咲きの紅梅だけでなく、ご覧のとおり白梅も花開いていて、やっぱり東京も暖かいのだなぁ、と実感。ただ、この日はとても寒かったので、花も凍えているようでした。

もう梅ですよ   紅梅も

そして、いよいよお気に入りの連作です。この日は首が痛くなるほど空を見上げて写真を撮りました。この後お目にかかった方は、クラシック・カメラの収集家でもいらっしゃったのですが、カメラの写り具合を確かめるのに、この枝の写真は大変参考になるそうです。どこまで細い枝を映し出せるか。本当に血管というか葉脈というか、空を隅々まで覆う姿は圧巻でした。


枝美三部作#2   枝美三部作#1   枝美三部作#3

そして町の風景です。どなたが住んでおられるのか、想像もできないような高級マンションなのでしょう…最後の瓦と枝はフィンランド大使館です。

High Grade Mantion 1   High Grade Mantion 2   フィンランド大使館

そして締めくくり、自写像です。細い路地の至る所に据え付けられている車庫入れ用や防犯用ミラー。写っているのが私です。

自写像


今回は標準ズーム一本だったため、寄った写真はありませんでした。その分、全般的に自分でもシャープな写真が撮れたな、という感触です。特に枯れ枝の描写は、本当に細い一本一本まで見えていて(オリジナルはもちろんサイズがもっとずっと大きいですので)、気持ち良かったです。E-510の軽くて小さなボディは、広尾駅を出てから首からぶら下げましたが、特に目立つということもなく、気楽に町を撮り歩くにはちょうどいいサイズと感じました。

これからは春へ向けて、景色もにぎやかになっていくでしょうから、出かけるときはいつでも首にかけていくような気持ちでいたいと思います。
2008年01月18日 | Comments(0) | Trackback(1) | Camera & Photos
コメント

管理者だけに表示する
有栖川宮記念公園の近くを通ったので ちょっと公園内を散策すると ありました梅満開です おまけに・・・ ウグイスがたくさん なぜ梅に群がるのでしょうか  
旅路通信 2008年03月06日 01:14:40
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。