スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

届きました

今日、今年最初のCD、Nicolette LarsonのTribute CD「A Tribute to Nicolette Larson」が届きました。

全体の印象としては、Carole Kingの活躍でしょうか。曲がいいですね。実は今日の今日まで、彼女の歌をいいと思ったことが不幸にもなかったのですが、このアルバムで聴く「Up On The Roof」と「You've Got A Friend」はとても味があって良かったです。今後彼女を聴くきっかけになるいい演奏でした。

Jackson Browne、「Running on Empty」。もともとライブで発表された曲なので、ライブはいいです。若々しいJacksonのヴォーカル、そしてコーラスはGraham Nashに元気いっぱいRosemary Butler。Craig Doergeのピアノも跳ねてます。

そして極めつけ、Dan Fogelbergの「Part of the Plan」、こちらも元気溢れる力強いDanのヴォーカルにあわせて、Grahamのあの懐かしいコーラスがそのまま聞こえてきます。コーラス隊はJoe WalshやRosemary等全部で4人いますので、ちょっとイメージが異なる部分はありますが、トップはやっぱりGrahamです。この曲はこのコーラスあって最高のパフォーマンス、もう二度と聴くことのできない組み合わせです。

ひさびさに痛快、すっきり系のライブアルバムに感動しました。
2008年01月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。