スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Emerson, Lake & Palmerで一番好きなアルバムは何ですか?

みなさんはどのアルバムがお好きでしょう。私は多分他の人と少し違いそうな気がしたので、書いてみたくなりました。

私は「作品第二番(Works Vol.2)」なんです。

全盛期の、おそらく最も推す人が多いであろう初期三作や「恐怖の頭脳改革」ではなく、シンプルで端正な白いジャケットに包まれたシングル曲などを集めたこのアルバム、コンセプトなど何もないはずなのに、私にとっては1枚の作品として聴くと、3人の個性がうまくブレンドしていい具合に聴こえるのです。

中でも「I Believe In Father Christmas」は以前もクリスマスソングの白眉と思っていることは書いたと思います。また、「Tiger In A Spotlight」のふにゃふにゃしたKeithのシンセと男性的なGregのヴォーカル、スネアの音数の多いCarlのドラムとが絶妙のバランスで音空間を埋めている様がなんとも言えず好きです。そのほかにもGregが朗々と歌い上げるバラード、Keithのラグタイム・ピアノと1曲1曲が小粒ながらもそれぞれの輝きを持っていて、発売当時から何回聴いてもEL&Pの最高傑作との確信は揺らぎません。

ちなみに次点は「恐怖の頭脳改革」で、「Jersalem」の神々しいまでに荘厳な演奏は誰にも真似できないだろうと思ってます。

さてさて、みなさんはEL&P、どのアルバムが一番お好きですか?

Works Volume 2Works Volume 2
Emerson Lake & Palmer

Sanctuary Midline 2004-11-29
売り上げランキング : 54014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。