スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ウォーゼルのココだけの話 Vol.2

最近本読んでません。全然読めてません。本といっても、眞鍋さんのような軽い雑誌の延長線上ともいえるようなものでなく、

文学

です。読書の秋っていうじゃありませんか。なのに、読んでません。

理由は、

仕事が忙しすぎるから!

でございます。序でにいえば、ギター弾いてる暇もありません。

なのにブログは更新されておりますです。

とはいえ読書、本が読みたい、という気持ちに応えて、今日買ってきましたがな。池袋西武のリブロで。それもなんと、

文学中の文学

ヘルマンヘッセ全集のまだ買ってなかった2巻です。

どうだ どうだ どうだ

これまで3巻でていて、最初の1巻を買って、名作中の名作「車輪の下」を読んだきりになっていたのを、力入れて読もう!と追加で買ってきたわけです。

ヘッセといえば青春時代の私の愛読書。もう前のことですが、イタリアへ旅行した折、ミラノでの半日のフリータイムを利用して列車でスイス入りし、ルガーノという保養地からバスでしばらく行った山の中腹にあるサンアヴォンディオ教会にある彼のお墓参りに行ったものです。

しかし、イタリア10日間のパッケージツアーで、スイス旅行を組み込んだというのは、振り返ってみれば無謀だったかも。

戻れなくなってたらどうする!

一応大丈夫でした。

というわけで、無理矢理読書の秋を決め込む決意をここに表明いたします。
2005年09月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。