スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

夏の終わりに

埼玉県の荒川沿いはまだまだ都会の近くでも自然が残ってます。

今日の写真はこの夏の虫撮りの成果。緑に囲まれたあたりを、左右に目を配りながら歩いただけで、普段町中ではなかなか目にすることのない虫たちを撮ることができました。

写真下の左はツマグロヒョウモン。雌は敵(主に鳥)から身を守るため、カバマダラという毒のある蝶に擬態してそっくりの色をしています。この蝶は以前は南方の蝶とされていましたが、関東地方の気候が暖かくなるについれて生息地が北上している例です。大分お腹が大きく、このときも産卵場所を探しているようでした(スミレ科の植物を幼虫が食べるので、地表近くで産むんですね)。

ツマグロヒョウモン

続いてヒメウラナミジャノメ。この蝶は私が小さい頃からちょっと武蔵野の奥へ入ると目にした懐かしい蝶です。交尾しながら葉の裏で休んでいました。

ヒメウラナミジャノメ

そしてこちらは交尾を目指して婚礼の舞を繰り広げるキアゲハの雄と雌。木立の仲だったので辺りが暗く、シャッタースピードが遅かったので、羽を止めることはできませんでしたが、偶然この写真はこちらを向いた雌の顔にピントがきて面白い構図になりました。ちょっとモスラみたいですか?
そろそろ夏の終わり、虫たちも世代の継承に一生懸命のようです。

キアゲハの婚礼の舞

そして今度はトンボです。この他にもシオカラトンボやギンヤンマもいましたが、前者はどこにでもいるのと、後者は止まってくれなかったのとで、登場したのはサナエトンボの一種です。胸が隠れているので、私には正しく識別できませんが、こういう黒と黄色の伝統的なトンボのボディ色には魅力を感じますね。

サナエトンボ

さて、最後はアオマツムシ。このバッタの仲間は、恐らく都会の街路樹でも夜になるとうるさいくらいに鳴いているポピュラーな虫ですが、頭上の葉にいるため、普段はまず目にすることはありません。私も生まれて初めて目にしました。しかも足下の葉にとまっていたのでびっくり。ぴんとのばした触角が素敵でしょう?

アオマツムシ

虫たちは思わぬところにいます。みなさんも草地や林を歩くときは、よく道の回りや足下にも目を配って、いろいろな出会いを楽しんでみてください。
2007年08月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | Camera & Photos
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。