スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

藤野由佳さんライブレポート Vol.2

2005.08.04 at offbeat

小田急線下北沢駅から北東方向に歩いて5分程のビルの3Fにあるお店オフビート。今日の藤野由佳さんのライブのある場所です。カウンターを入れても20席あるかないかのこぢんまりした親しみやすい雰囲気のお店。ステージは入り口とは反対側の窓に面した側で、窓には夏らしく簾がおりています。風鈴の音が聞こえてきてもおかしくないような店内に、BGMはタンゴ風アコーディオンサウンド、ライブへの期待をかき立てます。

私は仕事の関係で出遅れ、ライブスタート予定の8時よりもちょっと前ぐらいにお店に着いたのですが、既にRivendellのお二人はお客さんと雑談をしながら準備をしていらっしゃいました。念のため由佳さんと木村さんに写真撮影の許可を得、ステージ最前列(といっても東京ドームを思えばどの席も東京ドームの最前列よりステージに近いですが。因みに予約席でした)に腰掛け、演奏開始を待つこと20分、いよいよ演奏スタートです。

ステージは2部構成で、第1部はRivendellのお二人、第2部はさらにチェロの星衛さんが加わってRINNとしての演奏です。

この日はオフビート開店2周年を祝う言葉が随所に聞かれたのですが、木村さんのMCにもあったとおり、むしろ祝祭的なムードとは無縁の、ライブのタイトルでもある「アイリッシュ・トラッドの夕べ vol.13 夏草の薫」というテーマに徹していらっしゃいました。
rivendell-offbeat.jpg

最初の曲「花の雨」から、こちらもまた木村さんのMCで連発される「しっとり」という言葉がぴったりのスローでウェットな曲。お二人の楽器が紡ぎ出す優しい音は、外の暑さを忘れさせるそよかな風になっておりました。
第1部の演奏は、およそ45分の間淡々と続き、優しい音は形を変えながらも、蕩々と流れる大河のように聴き手を包み込んでいたように思います。
有名な曲とご自分達のオリジナルをつなげて演奏するのがお好きだそうで、この日も「グリーンスリーヴス」や「竹田の子守歌」など誰もが知っている曲と、お二人それぞれのオリジナル曲を上手に違和感なく一つの流れに仕立てあげていました。
もちろん由佳さんオリジナルの人気曲「Kaerimichi」も軽快に演奏されましたし、私が初めてお二人の演奏を聴いて、抑揚のある優しいメロディでいい曲だなぁとつくづく思ったのが、「風野の丘」という由佳さんオリジナルの曲でした。この曲は、お二人がRivendellのCD「Blessing」のジャケット写真を撮影に岩手までいらっしゃった際(本当はスイセンの花にしようと思っていらっしゃったそうです)、早朝の風が木村さんのアイリッシュハープを自然に共鳴させ、そのとき奏でられた音が余りに美しく、それを由佳さんが曲にされたものだそうです。ぜひRivendellのセカンドアルバムでは収録して欲しいものです。
yuka-offbeat

15分程の休憩を挟んで、第2部RINNの演奏では、チェロの星さん登場。それまでのアコーディオンとアイリッシュハープの優しいサウンドに、一本骨が通ったかのような力強さが加わった感じです。とはいえ、音楽に関しては第1部同様「しっとり」感に溢れたものを求める姿勢は変わりません。とってもご自分達のカラーを持ったユニットなんだな、と思います。
黒人霊歌を思わせるようなメロディの曲があったり、同じようにテンポは速くても、「Kaerimichi」が子供達の軽快な足取りだとすれば、酒場の酔っぱらいが陽気に踊るステップを思わせる曲など、後半の方がちょっと大人っぽいイメージが感じられました。

第2部は全8曲でしたでしょうか、すべてにおいて3人のバランスのとれた演奏は最後までリラックスして聴くことができて素晴らしかったです。ライブの最後は有名な「ダニーボーイ」で締めくくられ、暖かい拍手の中演奏は終了しました。
RINN-Off Beat


私事ですが、実はこの日連日のハードワークでかなり疲労しており、正直言って家に帰って休もうか、と思ったくらいでした。でも、まだ聴いたことがなかった由佳さんのおっしゃる由佳さん「本来の音」を聴きたくて、身体に鞭打って出かけていって良かったです。ライブが終わった頃には、すっかり疲れが取れ、心地よく椅子にもたれながら、ライブに来た方お一人お一人と談笑されているみなさんを見ていて、ファンと演奏者がこんなに一体でいられるのはいいなぁ、などと、一音楽ファン、一由佳さんファンとして思いつつ、長居をしてしまったのでした。

というわけで、長々と感想めいたリポートになってしまいましたが、実際に何という曲を演奏したのかの正しいセットリストはまた由佳さんに無理を言ってお願い中です。お忙しい毎日を送っていらっしゃるので、いつになるかはわかりませんが、もしいただけたらご報告したいと思います。次回Rivendell & Rinnのオフビートでのライブは、10月13日(木)、みなさんもぜひRivendell & Rinn体験をいかがですか?


2005年08月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | 藤野由佳さん
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。