スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Seventh Sojourn

The Moody BluesのSACD&Remaster盤が届きました。彼らを知ったのはBarclay James Harvestを知ったのと同時期の高校1年のときだったにも係わらず、このアルバムを購入したのはLP、CD、紙ジャケを通じて初めて、というのも我ながら意外でした。

もちろん収録曲はほぼ知っていましたが、今回はボーナストラック4曲入り。

「Isn't Life Strange」の2分も長いオリジナルバージョン。シングル及びアルバム用にはこのバージョンの中間部、インストパートを削除したものがマスターに使われたのだそうです。もちろん初登場。そして、「You and Me」と「Lost in a Lost World」のバック・トラック。まだボーカルがオーバーダブされる前のインストの状態が聴けます。ムーディー・ブルースをカラオケに歌えるというメリット付。そして最後が未発表、お蔵入りとなった8枚目のアルバムに収録予定だったというジャスティン・ヘイワードのペンになるいかにも彼らしい叙情に満ちた「Island」。なかなか充実のボーナス・トラック群です。

今の時期にじっくり聴き込むにはやや音が暑い気がして、リマスターされた音の良さはまだしっかりと比べられていませんが、私としてはこのボーナス・トラックだけでも十分価値ありと思えましたよ。

あとは『Every Good Boy Deserves a Fever』の同様盤を探さなければ。こちらには「Story In Your Eyes」のオリジナル・バージョン収録といいますから楽しみです!
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。