スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

空耳アワワ

最近息抜きに楽しく読める本として、阿川佐和子さんのエッセイを手元に置いています。一番最近読み終わったのが『空耳アワワ』(中央公論新社)。以前読んでとても面白かった『トゲトゲの気持』の続編です。女性と年齢をキーワードに、佐和子さんの経験談?が綴られていくのですが、よくこれだけのことが起こるのだなぁ、と感心してしまうくらい、怒っては反省したり、うっかりしたりの連続技です。

自分もエッセイをと、先日一編書いてみましたが、やはりあのようなことを次々に生み出すことは大変であるぞ、と佐和子さんのエッセイを一編一編読み進むごとに思うのでした。

疲れていないときに読もうとサリンジャーの「ナイン・ストーリーズ」なども持ち歩いてはいるのですが、一向にそちらは開かず、もっぱら佐和子さんのエッセイに頼っている毎日。あぁ、これももしかしたらエッセイに書けるかも?
2007年08月01日 | Comments(2) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント
>ciapoohさん

佐和子さんのエッセイは多分女性の方の方がより共感を覚えられるのではないかと思います。
ぜひ一度お手に取ってみてくださいね。
ウォーゼル URL 2007年08月03日 08:22:01 編集
 面白そうですね。  阿川さん。
 「ナイン・ストーリーズ」は20数年前に読んだのですが、なにかとても不思議な
 現実感のない世界に彷徨い込んだようなイメージだけが残っています。

 順番待ちの本が落ち着いたら、近々手にとってみます。
ciapooh URL 2007年08月01日 15:25:58 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。