スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

うぁぁ、APRIL 26, 1968かっこいい~!

Stephen Stills御大のこんなアルバムが出ていたなんてご存じでした?だったら教えてくださいよ~、とお願いしたくなるスーパーな弾き語りアルバム、その名も『JUST ROLL TAPE APRIL 26, 1968』。彼がギター1本、スタジオで一人録音したと思われるピュアな瞬間が切り取られていてすっすっ素晴らしいです!

かつて「Stills Alone」という枯れた好盤を出したりもしましたが、こちらはCSNデビュー当時の現役バリバリの頃の演奏ですから、やはり鮮度が違います。やっぱりマーティンを持たせたら彼の右に出る者はいないでしょう。

「Suite: Judy Blue Eyes」なんて、チューニングしながらいきなりあのイントロ。思わず思いっきりGraham Nash氏のパートを自分で乗せてStills & Worzel状態で絶頂悶絶状態に。

1. All I Know Is What You Tell Me
2. So Begins The Task
3. Change Partners
4. Know You Got To Run
5. The Doctor Will See You Now
6. Black Queen
7. Bumblebee (Do You Need A Place To Hide?)
8. Judy
9. Dreaming Of Snakes
10. Suite: Judy Blue Eyes
11. Helplessly Hoping
12. Wooden Ships
Bonus Track
13. Treetop Flyer

そしてこのアルバムに使われている写真はそうです、Graham Nash氏です。4枚のこの時代のスティーブンを切り取った素敵な作品。本当に今も仲良くしているのがなによりです。

こうなるとますますGrahamのBOXセットが待ち遠しい!
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。