スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

アーリントン国立墓地の見回り

アーリントン墓地の見回り


先日の告別式の話ではありませんが、今日のフォトログは、アメリカ、ワシントンD.C.のアーリントン墓地です。見回りに当たっている軍の兵士が行進する様子に出会うことができました。

どこを歩いてもどこまでも白い墓碑が並ぶその数の多さには圧倒されます。その様を美しいと思ってしまうのは不謹慎かと思いますが、ここはただ悲しみだけを湛えた場所ではなく、やはり、アメリカン・スピリッツを感じさせる象徴的な存在でもあるのだろう、と他国の私ですら感じます。

1864年、南北戦争の戦没者のための墓地として築かれた場所で、歴代大統領が眠っています。中でも身元不詳の戦没者を祀る無名戦士の墓は、各国要人が訪れる場所で、今年4月の安倍総理訪米の際も献花されてました。
2007年07月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。