スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

お葬式

亡くなった人のことを文章で表現するのは、それが近しい人であればあるほど難しく、文章力が必要な気がします。なのでそういうことはここでは書きません。ただ事実だけを。

3年前まで私の同僚として働いていた男性が、先週突然転勤先で亡くなりました。若干33才。若すぎです。同じ大学、学部、学科でOB訪問を受けたときからの縁あってか、入社6年目にして同僚となり、2年間、私が異動で当時の職場を離れるまでは仕事で、そしてその後は写真部員として接点があり続けました。

そして今年4月、彼も満を持して北海道、札幌の地へ転勤し、新しい職場でこれからという矢先でした。残念でなりません。

亡くなったということが信じられないままに過ごした2週間、彼がホームページを持っていたことが偶然わかりました。写真部員らしく、旅先で撮りためた写真が掲載されていました。また、彼はベーシストでもあったので、写真の傍ら、何人かの音楽仲間のホームページへのリンクが置かれていました。そんな中に、この「遠い音楽」へのリンクもひっそりとあったのです。嬉しくもあり悲しくもある発見でした。

そんな彼のお葬式が今日あり、大勢の参列の方々と共に、私も最後のお別れをしてきました。
2007年07月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。