スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

今年はグリーグ没後100年

今年は1907年9月4日に亡くなったノルウェーの作曲家エドヴァルド・グリーグ(Edvard Hagerup Grieg(1843年6月15日生まれ~もうすぐ誕生日)の没後100年に当たります。

私も表面的にクラシックを聴いている中で、必ず10本の指に入る好みの作曲家です。ほの暗い哀愁を湛えた旋律は、シベリウスより人肌の温もりを感じさせるようです。それは彼がノルウェーの民族音楽から着想を得た曲が多いからでしょうか。wikipediaによると、かの有名な組曲「ペール・ギュント」1曲目、「朝」の冒頭の旋律は、ノルウェーの民族楽器であるハルダンゲル・フィドルの共鳴弦を端からつま弾いた時の旋律から始まっているのだそうです。

100周年を記念した様々な催し物が開催されているようで、詳しくは以下のホームページでご覧になれます。

グリーグ2007

コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。