スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

The Complete Songs of Graham Nash 1966

Feb.1966
I Can't Let Go / Running Through The Night Parlophone R5409

  1. I Can't Let Go (Taylor / Gorgoni)

  2. Running Through The Night (Ransford)


May 1966
Go Away (written by Graham) released by the group Mirage

Jun.1966
Bus Stop / Don't Run And Hide Parlophone R5469

  1. Bus Stop (G. Gouldman)

  2. Don't Run And Hide (L. Ransford)


Two Yanks In England released by The Every Brothers (Graham plays guitar and chorus)

  1. Somebody Help Me

  2. So Lonely (Ransford)

  3. Kiss Your Man Goodbye

  4. Signs That Will Never Change (Ransford)

  5. Like Everytime Before (Ransford)

  6. Pretty Flamingo

  7. I've Been Wrong Before (Ransford)

  8. Have You Ever Loved Somebody (Ransford)

  9. The Collector

  10. Don't Run And Hide (Ransford)

  11. FiFi The Flea (Ransford)

  12. Hard Hard Year (Ransford)


I Can't Let Go Parlophone GEP 8951

  1. I Can't Let Go (Taylor / Gorgoni)

  2. Look Through Any Window (Gouldman / Silverman)

  3. I've Got A Way Of My Own (Ransford)

  4. So Lonely (Ransford)


Would You Believe Parlophone LP: PMC 7008(mono) LP: PCS 7008(stereo)

  1. I Take What I Want (Porter / Hodges / Hayes)

  2. Hard Hard Year (L Ransford)

  3. That's How Strong My Love Is (Jamison)

  4. Sweet Little Sixteen (Berry)

  5. Oriental Sadness (Ransford)

  6. I Am a Rock (Simon / Garfunkel)

  7. Take Your Time (Holly / Petty)

  8. Don't You Even Care (Ballard Jr)

  9. Fifi The Flea (Ransford)

  10. Stewball (Yellin / Rinzler / Herald)

  11. I've Got A Way Of My Own (Ransford)

  12. I Can't Let Go (Taylor / Gorgoni)


Sep.1966
After The Fox(Film Track) / The Fox-Trot (B Side - Not By The Hollies) United Artists UP 1152

  1. After The Fox (Bacharach)


Oct.1966
Stop! Stop! Stop! / It's You Parlophone R5508

  1. Stop Stop Stop (Clarke - Hicks - Nash)

  2. It's You (Clarke / Hicks / Nash)


For Certain Because Parlophone LP: PMC 7011(mono) LP: PCS 7011(stereo)

  1. What's Wrong With The Way I Live (Clarke / Hicks / Nash)

  2. Pay You Back With Interest (Clarke / Hicks / Nash)

  3. Tell Me To My Face (Clarke / Hicks / Nash)

  4. Clown (Clarke / Hicks / Nash)

  5. Suspicious Look In Your Eyes (Clarke / Hicks / Nash)

  6. It's You (Clarke / Hicks / Nash)

  7. High Classed (Clarke / Hicks / Nash)

  8. Peculiar Situation (Clarke / Hicks / Nash)

  9. What Went Wrong (Clarke / Hicks / Nash)

  10. Crusader (Clarke / Hicks / Nash)

  11. Don't Even Think About Changing (Clarke / Hicks / Nash)

  12. Stop Stop Stop (Clarke - Hicks - Nash)


Unissued Songs 1966

  • You Know He Did (sung in French)
  • We're Through (sung in French)
  • Like Everytime Before
  • Have You Ever Loved Somebody

いよいよシングル盤黄金期を迎えた頃です。なんといっても「I Can't Let Go」のコーラスにしびれます。本人も喉も元気いっぱいのGrahamが若々しい!そして日本では、ホリーズの曲で恐らく一番良く知られているであろう「Bus Stop」が発売されたのもこの年でした。

ビートルズはこの年8月にアルバム『Revolver』を発表、いよいよ孤高の境地へたどり着こうとしていた頃です。
コメント
>Hi-gmaさん

Dutch CollectionのPV、まだ見たことありません!指差しスマイルは何としても見てみたいです!
『For Certain Because』からRansfordのクレジットを使わなくなったことからも、彼らの作曲に対する姿勢の変化が感じられますね。
ウォーゼル URL 2007年06月30日 21:42:36 編集
> なんといっても「I Can't Let Go」のコーラスにしびれます。

全く同感です、サビの追っかけコーラス、ぞくぞくします。 複雑な旋律を軽々と昇りつめ、いちばん高い所は "Baby, pleaseー!"って言っているのかな?
Dutch CollectionのPVでは、川縁でステップ踏むから、落ちそうでハラハラしました。そのうえ指差しスマイル(笑)もう降参ですー

『Would You Believe』では、バラッド「Fifi The Flea」をGrahamがソロで歌ってますね。Everliesのアルバムでもカヴァーされてるんですね。

『For Certain Because... 』は、Grahamファンなら持っていて損はない、最初の4曲を続けて聴くためだけにでも。「Tell Me To My Face」はこのコンテクストで聴いてこそ一層輝きを増すことがわかりました。ウォーゼルさんが、この曲をベストソングの筆頭に選ばれたことに、改めて納得しました。
前のアルバムとの間に、大きな変化を感じますね。殻を破って、よく知っているGrahamが現れたみたい。写真もDirtzさんですし!
Hi-gma URL 2007年06月26日 08:12:44 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。