スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

The Complete Songs of Graham Nash 1965

1965

Jan.1965
Yes I Will / Nobody Parlophone R5232

  1. Yes I Will (Goffin / Titelman)

  2. Nobody (Ransford)


Apr.1965
In The Hollies Style Parlophone GEP 8934

  1. Too Much Monkey Business (Berry)

  2. To You My Love (Ransford)

  3. Come On Home (Ransford)

  4. What Kind of Boy (Irwin)


May.1965
I'm Alive / You Know He Did Parlophone R5287

  1. I'm Alive (Clint Ballard Jr.)

  2. You Know He Did (Ransford)


Aug.1965
Look Through Any Window / So Lonely Parlophone R5322

  1. Look Through Any Window (Gouldman / Silverman)

  2. So Lonely (Ransford)


Sep.1965
Hollies (1965) Parlophone LP: PMC 1261(mono)

  1. Very Last Day (Stokey / Yarrow)

  2. You Must Believe Me (Mayfield)

  3. Put Yourself In My Place (Ransford)

  4. Down The Line (Roy Orbison)

  5. That's My Desire (Loveday / Kresa)

  6. Too Many People (Ransford)

  7. Lawdy Miss Clawdy (Price)

  8. When I Come Home To You (L Ransford)

  9. Fortune Teller (Naomi Neville)

  10. So Lonely (Ransford)

  11. I've Been Wrong (Ransford)

  12. Mickey's Monkey (Holland / Dozier / Holland)


I'm Alive Parlophone GEP 8942

  1. I'm Alive (C. Ballard Jr.)

  2. You Know He Did (Ransford)

  3. Honey And Wine (Goffin / King)

  4. Mickey's Monkey (Holland / Dozier / Holland)


Dec.1965
If I Needed Someone / I've Got A Way Of My Own Parlophone R5392

  1. If I Needed Someone (Harrison)

  2. I've Got A Way Of My Own (Ransford)


Unissued Songs 1965

  1. You Must Believe Me

  2. Honey And Wine

  3. Now That's You're Gone

  4. Stay Away

  5. Stewball (sung in French)

  6. Bring Back Your Love To Me (Clarke / Hicks / Nash)

  7. You In My Arms (Clarke / Hicks / Nash)

この年のグラハムは、比較的おとなしくコーラス・ワークに徹していたようですね。記憶が違わなければこの年新たに出た曲でリード・ヴォーカルをとっている曲はないと思います。

そしてこの年、後の「Bus Stop」が大ヒットとなる作曲家、Graham Gouldmanの「Look Through Any Window」をシングルA面曲として取り上げていることは特筆すべきことでしょう。彼が後に10ccで名を成すことは周知の事実。The Yardbirdsの「For Your Love」も彼のペンになるというのも、この頃の若き彼がいかに佳曲を生み出していたかを物語っているように思います。その例に漏れずこの曲も軽快なテンポのこの年のHolliesを代表する曲になっていると思います。
コメント
>Hi-gmaさん

ホリーズの「If I Needed Someone」はどうでしょう。この時期までにビートルズはその半分ぐらいのレパートリーが発表されていた中で、何故この曲だったのでしょうか。私は「I Should Have Known better」なんかもいいと思うんですけどね。
ウォーゼル URL 2007年06月30日 21:40:26 編集
G. Gouldmanのソロは「Bus Stop」のセルフ・カヴァーが入っているのしか聴いたことがありませんが、独特なせつないメロディー・ラインに引き込まれてしまいます。「Look Through Any Window」もいいですねぇ。

「Yes I Will」
この曲が、1日中頭の中でぐるぐる廻っていることがあるんです。Grahamのソロ部分は淡々としてるけれど、サビのコーラスは何度聴いても綺麗で、胸がキュンとしちゃいます(笑)

「Too Many People」
優しいコーラスに包まれているけれど、反戦歌?「神の御旨だから、どうしようもないと、あなたは諦めて傍観しているだけなのか?」ベトナム戦争が本格化した年に発表された、Graham色の強い曲ですね。この時期にこういう曲があったとは・・・
Hi-gma URL 2007年06月26日 08:09:16 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。