スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

The Complete Songs of Graham Nash 1963

May.1963
(Ain't That) Just Like Me / Hey What's Wrong With Me Parlophone R5030

  1. (Ain't That) Just Like Me (Carroll / Guy)
  2. Hey What's Wrong With Me (Nash / Clarke)


Aug.1963
Searchin' / Whole World Over Parlophone R5052

  1. Searchin' (Leiber / Stoller)

  2. Whole World Over (Nash / Clarke)


Nov.1963
Stay / Now's The Time Parlophone R5077

  1. Stay (Williams)

  2. Now's The Time (Clarke / Nash)


Unissued Songs 1963

  • I Understand

  • Cry Me A River


以前作成しようとしていた形式から改めて、彼がレコーディングに参加したもの、曲を書いたものについて、手元の資料からできるだけ拾って掲載するシリーズ記事です。

この年は1942年2月2日生まれの彼が、
1955 THE TWO TEENS
1956 THE GUYATONES
THE TWO TONES
1959 THE FOURTONES
1960 RICKY & DANE YOUNG
KIRK DANIEL & THE DELTAS featureing RICKY & DANE
THE DOMINATORS OF RHYTHM

を経て、遂にTHE HOLLIESとしてデビューした記念すべき年です。

デビューシングル、「(Ain't That) Just Like Me」には、冒頭にカウント&出だしミスバージョンがあって、ビートルズの「I Am The Walrus」のイントロの繰り返しがシングルとLPでは6回と4回で違う、なんていうコアなファンにはお楽しみがあったりします。
コメント
>Hi-gmaさん

本当にこの頃の彼らは元気いっぱい。繊細なグラハムを好む方にはちょっと、と思われるかもしれませんが、むしろ若々しい声、彼の声をトップに据えた楽しげなコーラスを聞いていると、気分も明るくなります。
ウォーゼル URL 2007年05月17日 08:08:53 編集
早速実行に移してくださったんですね!ありがとうございます。千里の道も一歩から、及ばずながらお供させていただきます。

とは言ったものの、Holliesあんまり持ってないんですけど(笑)上から6曲を聴きました。
「Whole World Over」 いいですねー 「Searchin'」は2番を歌っているんですね。この曲や 「Now's the Time」では、がなったりもしてますねぇ。
Hi-gma URL 2007年05月15日 06:47:07 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。