スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

004/1000 ONLY YESTERDAY played by The Carpenters

これほどまでに美メロを惜しげもなくつぎ込んだ曲もそうないのでは?私はこの曲に関しては亡くなったカレンより、リチャード・カーペンターの功績大と感じてます。本当にポップソングの王道を行く曲です。

悲しみも寂しさも全て昨日へ残し、これからの明るい未来を生きる恋人。歌詞はありきたりといえばありきたりですが、日頃余り歌詞が耳に入らない私は、メロディ勝負の人なので、こうした「これでもか」ポップソングにノックアウトされるのです。現実を考えたら、この曲のメロディを分割して3曲ぐらい別々のヒット曲が作れそうです。

リチャードは今61歳、32歳で亡くなった(1983年2月4日)カレンも生きていたら57歳になるんですね。Only Yesterdayは1975年の大ヒットですから、まだリチャード29歳、カレンが25歳のときの金字塔です。
コメント
>ciapoohさん

このシリーズを書いていて自分で興味深いのは、「あの人は今」を調べてみることでもあったりします。知らぬ間に誰の元でも時は経っているものです。
ウォーゼル URL 2007年05月04日 15:53:20 編集
懐かしいです。 学校で、カーペンターズの新曲の話題になったこと
今でも覚えています。
カレンさんが他界したニュースを知ったときは、とてもショックでした。
銀座の電光掲示板で目にしたこと、忘れられません。
リチャードさんが、もう61歳になられるとは、驚きです。 
ciapooh URL 2007年05月03日 15:33:30 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。