スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

あおいのフォトログ

GW、みなさんいかがお過ごしですか?

写真好きな私は写真の一枚も撮りに行きたいところなのですが、今年は訳あってそういう用は最小限にしなければならず、今頃あのあたりではあの花がきれいなのでは、などとできるだけ考えないように(無理です)過ごしてます。

そうしたときでも、身近な被写体にカメラを向けさえすれば写真は撮れるんですよね。

最近オリンパスのCMへ出演されている関係でしょうけど、あおいのフォトログという宮崎あおいさんの写真日記風のサイトが開設されました。今日までに2枚の写真が公開されていますが、どちらもさりげない日常から肩肘張らずに生まれたものであることが感じられます。次回作は5月11日にアップロードされるそうですが、どんなのになるのか楽しみにしてます。

こんな風にときどきウェブをチェックするほど彼女がいいなぁと思う一つの理由は、やはり写真を撮ることが好きだということです。

普段はNikonFM3A(シルバーボディ)を愛用されているということで、常用レンズもAi Nikkor 45mm F2.8Pと、なかなか渋い選択。私もNIKONの使い手ですし。彼女が写真の楽しさを覚えたのは、「OLARE」という作品撮影のためメキシコ、マヤ文明の遺跡を訪れたときがきっかけなのだそうです。この作品を見ると、普段なかなかたってメキシコへ、とはなりにくいところ、一度行ってみたいという気分にさせてくれます。

こうした影響で、私もそれ風に、過去の資料から引っ張り出してきて掲載してみますね。

ベルリンのレストラン

ベルリンのレストランのさりげないひととき。

2007年05月02日 | Comments(2) | Trackback(0) | Camera & Photos
コメント
>ciapoohさん

そうですね、ドイツではとても親切にされた印象が強いです。

この日、このレストランでは時節柄(6月)ホワイトアスパラガスがおすすめ、ということで賞味したのを覚えています。本当に美味しかったです。外国ではメインディッシュに太いアスパラガス6~8本を食べる習慣があるのに以前驚いたのですが、このときもまさにそれ。しかし、脂っこかったりボリューム満点の料理に辟易しているときにはむしろ日本人の身体に優しいおすすめのメニューだと思っています。
ウォーゼル URL 2007年05月02日 22:05:34 編集
 支柱の図柄が、鮮やかな色合いと共にお洒落な風情ですね。
 質実剛健なイメージのドイツですが、人々はとてもお優しいと聞きました。
ciapooh URL 2007年05月02日 16:30:36 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。