スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

002/1000 FALLING played by Leblanc and Carr

ルブラン・アンド・カー。この名前にピントくる方は70年代後半のビルボードヒットチャート華やかなりし頃、全米トップ40等の番組を聞き込んでいらっしゃった方ではないでしょうか。私は彼らの曲を一曲しか知りませんが、その一曲が、30年間、私の頭の中では鳴り響き続け、心の琴線を振るわせ続けています。

曲の名は「Falling」

歌詞は季節に恋を準えた切ないラブソング。特徴がそれほどあるとは思えません。ですが、メロディが本当に美しいです。たった3分間のポップソングの中で、これほどまでに私の奥深く、隅々まで響き渡る曲はなかなかないです。哀愁漂うメロディ、一糸乱れぬコーラス、どこをとっても極上品です。

ルブランことLenny LeBlancは1951年6月17日生まれ、10代の頃、既にマッスル・ショウルズの人気プロデューサーだったピート・カーPete Carrとは友達で、1975年にソロアルバムを発表した後、デュオ結成。しかしこちらは1枚のアルバムとツアーを行っただけで円満に解散、引き続きソロの道を歩みつつ今に至るそうです。レニーもリッチー・フューレイと同様人生をイエス・キリストに捧げることを決意し、そうした傾向のソロアルバムを後に発表するなどしているそうです。
Pete Carrはギタリストでもあり、1950年4月22日生まれ。彼が関わったレコーディングは、Bob Seger, Paul Simon, Rod Stewart, Wilson Pickett, Hank Williams, Jr., The Staple Singers, Barbra Streisand, Luther Ingramと、錚々たる方々です。

今では二人とも主立った活動が日本に伝わってくることはありませんが、今年でルブラン・アンド・カーも結成30周年。せめて私のブログだけではお祝いしたいと思います。

結成30周年、おめでとうございます!

コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。