スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ジュニアズ・ファームはGOOD!

最近ポール・マッカートニーが自分的にリバイバルしています。特に彼の全盛期を中心にしつつ、「アナザー・デイ」から「夢の旅人」、アルバム「ロンドンタウン」まで。

その中でも、重量級突進型ロックとも言うべき、ビートルズ時代の「ゲット・バック」の流れを汲8分音符を刻む単調なベースラインが基調となっていながら、これぞポール!と叫びたくなるような一連の曲がいい!そう、「ジュニアズ・ファーム」、「愛しのヘレン」、「ジェット」そして「ガールズ・スクール」あたり。もちろん「マイ・ラブ」などバラードの超名曲も大好きですし、ポップさでは「心のラブソング」、さらに実はジミー・マッカロック・ファンでもある私、「メディシン・ジャー」無しにはウィングスは語れません。

と、いろいろ書き出したら止まらなくなりそうなのですが、最近知ったことを一つ。「夢の旅人」や「ゲッティング・クローサー」、「ロケストラのテーマ」等の曲が、実は1974年のピアノ・デモとして残されているということ。どの曲もいわゆる全盛期後、彼が輝きを維持した曲達のように思いますが、それらは実は1974年、アルバムでいえば「バンド・オン・ザ・ラン」の時期にメロディは生み出されていたんですね。

というわけで、やはり全盛期は全盛期であることに納得。そしてそれら名曲を含む彼が発表したほぼ全曲のギターコードが掲載されている本を開いて、アコギやベースを弾きながら歌う幸せ感はこれまた格別です。

昨日はこんなところへ行っていたため疲れております。今日から仕事、一週間が長そうな予感…

male mouse  female mouse


コメント
>すずさとさん

このあたりの曲はポールならではの音作りでいいですよね~。実は私にはまだ「ラム」の良さが伝わってこないんです。このアルバム周辺のシングルはみな好きなんですけどね。

私が書いた曲がたまたま1974年録音のデモテープがあることがわかっただけで、他の曲はそうとは限りません。それはわかりません。

>ciapoohさん

ありがとうございます。こんなブログにいつもコメントをいただき本当にありがたいです。「アナザー・デイ」とオフコースの「眠れぬ夜」、ちょっとコード進行が似てるぞ、などと思っておりました。

ミッキーとミニー、今のコンパクトデジカメはよく撮れます。
ウォーゼル URL 2007年03月05日 22:18:38 編集
 「アナザー・ディ」,懐かしいです。

 それに,ミッキーくん・ミニーちゃんも!
 週末も良いお仕事されてますね ♪  お疲れ様でした。
ciapooh URL 2007年03月05日 22:05:09 編集
「ジュニアズ・ファーム」! 昔よく聴きました。
これと「ハイ・ハイ・ハイ」「ジェット」あたりは、
ロックンローラーの面目躍如という感じで大好きです。
ブラスをドローンのように使い独特の重厚感を出しているのが、なんともたまりません。

でも、お書きになってらっしゃる内容を見ると、
70年代後半の代表曲はほとんど74年までに作られていた、
ということなんでしょうかね…。

ちなみに個人的には、
ウイングス前の『マッカトニー』と『ラム』が大好きです。
すずさと URL 2007年03月05日 17:26:25 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。