スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

冬はどこへいったの?

高田みち子さんのぽちっと。で書かれていましたが、「冬はどこへいったの?」、まさにどこへ行ったの?ですよね。今日もいつもより冬にしては薄着で出かけたのに昼過ぎには汗ばむぐらいに気温が上がってました。明日はさらに上がるそうで…一体日本の冬はどうしてしまったのでしょう。

実家に預けていたミドリガメの大きくなったやつが、4ヶ月の眠りから覚め、動き出したとの報が…街をあるけば、既にハクモクレンが満開です。

これまで日本は四季折々の、と言っていた四季から冬が消え、三季になってしまったりするのでしょうか。

ネット上で時折目にしますが、やはり「地球温暖化」という言葉自体が全く危機感を煽らないやさしい言葉であるのがいかがなものかと思ったりもします。

地球灼熱地獄化

とか

人類生存不能化

とか

地球砂漠海洋化

とか名前を改めたらどうでしょう。
2007年03月03日 | Comments(2) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント
>ciapoohさま

こちらのコメントへのお返事が遅れてしまいました。失礼しました。

「不都合の真実」のゴアさんも電気を浪費しているなどと言われていますね。もちろん容認するつもりも必要もないのですが、この問題への取組みは容易ではないのでしょう。

いっそ、間氷期を折り返して氷河期に向かえばいいのかもしれませんね…
ウォーゼル URL 2007年03月07日 08:57:42 編集
 今年は啓蟄を前に蟻の行列やカナヘビなど,例年にはない生き物の動きを目にしました。

  先日書店で,「不都合な真実」を立ち見し,“誰にでも出来ることは先ず知ることから” の一言に心を動かされました。

 確かに,温暖化という表現は緊張感・切迫感に欠けるものがありますね。
ciapooh URL 2007年03月04日 17:50:05 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。