スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

「どれだけの愛情」~「三文オペラ」~「八点鐘」~そして?

本のことについて、しばらく触れてきませんでしたが、その間それなりに読み進めてきていました。

まずは白石一文氏著「どれくらいの愛情」。収められた4つの中短編はどれも彼らしい緻密なストーリー構成で楽しませてくれました。中でも表題作。動的なダイナミズムを通して語られる言葉のすべてが、最後の主人公の台詞に集約されるところなど、白石さんの真骨頂ではないでしょうか。感動で思わず涙が出ました。すてきな本です。
白石一文氏のサイン


そして次は何故かブレヒトの「三文オペラ」を読みました。
貧困層の喜劇とも悲劇ともつかない話の進行に引き込まれつつ、最後、驚きのどんでん返し。切り裂きジャックもブレヒトの前では手玉にとられてしまいますね。ちょうど今年はブレヒトの著作権が切れた年のようで、鮮やかな黄色いカバーが目を引くブレヒト作品集の刊行が開始されました。まだ配本されているのは評論のものだけのようですが、興味のある人だったので、改めてそのような評論も読む気持ちになるだろうかと、その試金石として手に取ったのでした。

作者はドイツからフランスへ。モーリス・ルブラン、そうです、あのアルセーヌ・ルパンの生みの親の「八点鐘」が続きました。
こちらを読もうと思ったきっかけは、畑亜貴さんのCD「棺桶島」、そのフランス語タイトルが偶然モーリス・ルブランが書いたルパンシリーズの「棺桶島」(正式には「30の棺桶がある島」だったと思います)のタイトルをつけたものだったことに気づいたこと、そしてそのため中学生時代彼の作品に耽溺した記憶が蘇ったからです。8つの短編で、それぞれ読み進むとストーリーはほぼ思い出すことができました。それでも面白いと感じられたこと、中学校時代と今では自分の社会経験もそれなりに増え、いろいろと新しい発見があったことが自分にとって新鮮でした。

そして、今は文庫化されたのを機に読もうと思っていた作品に取りかかっています。柳美里さん著「8月の果て」。ストーリー自体はまだよくわかりませんが、朝日新聞に連載されているときから、一度通しでしっかり読んでみたいと思っていたものです。上下二冊に分かれているほどの大作、果たして最後まで読み通せるか、お楽しみ…
2007年02月05日 | Comments(5) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント
>aromatherapyさん

そうなんですか!?知りませんでした。チェックします!ありがとうございました。

>ciapoohさん
4ヶ月で100人待ちクリアですか!おめでとうございます。それにしても一人平均1.2日。大分待ちきれずに購入して予約をパスしてしまった方もいらっしゃったのでしょう。
今面白く読んでいる本ももうすぐ読み終わりますので、そのときはまた記事に書きますね!
ウォーゼル URL 2007年06月15日 22:12:48 編集
 おかげさまで、ようやく先週「どれくらいの愛情」が回ってきました。
 大人の世界の物語でしたね。
 最後のあとがきまで、しっかり深みのある味わいでした。

 新刊も要チェックですね♪
ciapooh URL 2007年06月13日 08:48:44 編集
白石一文さんの新刊「永遠のとなり」という本が6月に発売になるそうです!
aromatherapy URL 2007年06月12日 23:43:29 編集
ciapoohさん

100人待ちですか…それほど話題とは知りませんでした。一人が一週間借りると2年後には…そのころには文庫本も出ているかもですね。

でもきっと待った甲斐があったと思えると思います!
ウォーゼル URL 2007年02月06日 17:41:44 編集
 以前こちらで紹介された時に,「恋愛寫真」・「どれくらいの愛情」,どちらも
 図書館に直ぐ予約を入れたのですが,今日の時点でも両著とも
 百人を超える待ちの状態です。 話題の著書とは,存じませんでした。
 いつになったら読める事やら… 

 サイン入りとは,読む手も緊張しそうですね。
 
ciapooh URL 2007年02月06日 13:04:37 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。