スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Jimmy Webb氏のBOX入手記

みなさんはJimmy Webbという方をご存知でしょうか。数多くの名曲を世に送り出し、自らもアルバムを発表している作詞家、作曲家であり、ミュージシャンでもあります。以前、私が高田みち子さんに歌って欲しいベストソングとしてご紹介したアート・ガーファンクルが歌う「Skywriter」も彼のペンによるものです。調べてみると、グラミー賞で、作詞、作曲、オーケストレーションの3つの部門すべてを受賞したことがあるのは、唯一彼だけだそうで、こんなエピソードからも、彼のソングライティングの手腕がご想像いただけるのではないでしょうか。

そんな彼の70年代の足跡を集大成したアルバム「The Moon's a Harsh Mistress: Jimmy Webb in the Seventies」という5枚組BOXセットが2004年に発売されていました。それはアメリカのRhinoレーベルのRhino Handmadeからわずか2500セット限定、シリアルナンバー入りというレアものとしての発売でした。しかし、その当時そのレアさを知らなかった私は、新宿のタワレコで3セットぐらい入荷しているのを目撃していたにもかかわらず、その場で購入しなかったのです。当然それらはあっという間に姿を消してしまい、その後当然入荷するはずもなく、私にとっての(入手していないすべてのファンにとっての)幻のボックスとなったのでした。

ところがそれを紆余曲折を経て入手することができたのです!今日は、そんなレアなCDを私がいかに入手できたか、という物語です。

第1章 オークションで

本当に偶然、ディスク・ユニオンが主催しているオークションサイト、musicFieldにこのCD BOXの中古品が出品されていることを発見!あまり気付いている人がいなければこれで長年の夢が叶い、手に入るかも!と一気に色めきたちました。ところがそんなには甘くなかったのです。終了間際に値段はどんどんつり上がり、外箱に傷み少々、盤面にも擦り傷ありB評価、という状態の中古品としては、ちょっと高すぎると思える値段になってしまってあえなく断念。実はオークション初体験だったのですが、落札することはできませんでした。

第2章 amazon.comで

一旦色めきたっただけに、すごく残念な思いを胸に、その後さらにネットで念入りに見てみたところ、今度はなんとアメリカのamazon.comのマーケット・プレイスに出品されているじゃないですか!しかも2点も!今まであらゆる国のamazonを見ても見つからなかったものなのに…しかもですよ、その2点のうち1つはなんとなんとnewとあります。つまり未開封ものだったのです。これはラッキー、世界中の誰よりも先に購入してしまおうと、早速Check Outして手続きを進めようとして唖然…
なんとなんとなんとその出品者はアメリカの住所でないと発送してくれないというのです…もう一つの中古(新品同様とはありました)のセット方も同じでした。私はショックで、とりわけnewと書かれているものは、きっとこのチャンスを逃すともう二度とめぐり合うことはできないのではないかと思えるだけに諦めきれません。すぐそこまで手が届いているのに…

第3章 諦めません

そこで考えついたのは、仕事でアメリカへ出張した際お世話になった方(もちろんアメリカ人)の事務所宛に送り、とりあえずキープしてもらい(いつになるかわからないものの)自分か同僚が訪れたとき回収するか、でなければ何かのついでがあるときに送ってもらうことでした。こんな勝手な申し出を受けてくれるのだろうか、としばし迷いましたが、間違いなく他のファンに発見されたら即購入されてしまうことは明らかだったので、変なお願いであることを重々承知で早速メールを書いて送ったところ、即返事が返ってきたのです(時差は?)。そして快諾してくださったのです!

これで無事注文できました!(もう一つの中古の方もまもなく誰かに買われていきました。やはり早い。また今は品切れです。)いつ手元に届くかはわかりませんが、なんだかもうとてもうれしい気持ちになっています。
やはり持つべきものは人間関係だなぁ、とこんなお願いをしたことを反省しつつも、その方のご好意に感謝120%している私でした。

最終章 なんと…

実はこの話にはちょっとした尾ひれがついています。

なんとJimmy Webb氏は、私が頼んだ方の組織の理事だったんです!そんな驚くようなニュースが彼女からのメールで判明!「きっと彼も日本からオファーがあって私たちがこういうやり取りをしていることを知って喜ぶでしょう」ですって!私のことがJimmy Webb氏に伝わるかもですよ!我ながら驚きです。届いたら開封していただいて結構ですので、ぜひ彼のサインをもらってください、とまではさすがに頼めていません。うぅむ、どうしましょう。
コメント
ciapoohさん、ありがとうございます。
そういうお言葉をいただくのではないかと、実は思いながら書きました。頼んでいる方が実は偉い方なので(もう本当に受け取っていただく好意だけで感謝感激なものですから)、今回は気持ちをメール文の言外に滲ませたということにしておこうと思っています。その代わり、今度出張で訪問するときは直接ご本人のサインをもらう意気込みでアポをとります!

本当は早く聴きたいです…
ウォーゼル URL 2007年01月27日 01:54:48 編集
 私でしたら,厚かましいついでに サインまでもお願いしてしまいそうです。
 ここまで熱意をもって,ことに当たったわけですから。
 最後の最後まで,ダメモトで希望を申し出てみては如何でしょう。
 却って喜ばれると言うことも,考えられますし。
 先方の真意を読む手掛かりにもなり,お礼の仕様も明確になるように思います。

 一日も早く,お目当ての品が お手元に届くと良いですね。

 
ciapooh URL 2007年01月27日 01:16:58 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。