スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

W44Sに替えてみて

昨年12月の発売日に手に入れて、まもなく一ヶ月が経とうとしています。大分手に馴染んできた気もしますので、以下に使用感と共にお知らせしてみますね。これからW44S購入をお考えの方にも参考になるかもしれません。

多分今までに使った数知れぬAUの携帯機種の中で、最もお気に入りの機種です。その理由は、やはり機種を追う毎に進化している機能が一番ですが、デザインも含めた全体的な総合力でいけてると思います。

☆筐体編
・ヒンジ部が左側に出っ張っていることは、意外にも全く気になりません。むしろ携帯をポケットから取り出すとき等向きがつかめてグッド!これはモバイル・スイカを使っていて、JRの駅の改札で必ず取り出す人向けに最適です。指をひっかけるのにもちょうどよく、ホールディングしたときの安定感があっていいです。

・ただ、ケースは今までのものが使えなくなりますね。そこで私の場合、W-ZERO3[es]用に購入した吉田カバンのケースがぴったりだったため、影響はありませんでした。風合いも購入した機種の色とバッチリマッチしていて嬉しくなります。

・色。私はオリーブですが、その落ち着き感と、中のシャンペンゴールドの豪華な雰囲気が新鮮です。かつてオーディオ・コンポもシルバーからシャンペンゴールドへ流行の移り変わりがあったように、シルバー中心だったところへこのシャンペンゴールドの輝きの投入はヒットだったのではないでしょうか。3色のうち、オリーブが最も品薄であることからも伺えます。

・サブ・ディスプレイは小さいですが、そこに普段は大きな文字でデジタル時計を表示させています。情報としてはこれで十分、そしてこの時計がなかなか見やすくて便利なんです。ちょっとケースから引っ張り出すだけで時間がはっきり判ります。もちろんEメールや電話の着信があったときも一目でわかります(大きな文字の時計が小さな文字になりますので)。筐体上部についている着信お知らせランプも見やすいです。

・そしてなんといってもシアター・ヴューを実現する開閉の向きです。これはそれほどテレビを見るわけではないので自分にとってはあまり重要ではないのですが、人に見せたときにまずシアター・ヴューで開くと驚いてもらえること必至です。

・電源コードをつないだりイヤフォンをつなぐプラグ部分のカバーが、従来のゴムのぺなぺなのやつではなくて、しっかりしてます。開け閉め感があり、何度も継続して使っても壊れなさそうな安定感を感じます。

・唯一改善を望みたいのは、番号のボタンです。間隔が狭く、ぎっしり並んでいるので、うっかりボタンとボタンの間を指で押してしまうことがあります。特に暗いときがそうです。これも慣れだとは思いますが、もう少しボタンの独立性を高めてくれたらな、と感じました。

☆機能
・とても選択しやすく、バランスの良い作りになっていると思います。メニューのカスタマイズ度も高く、設定すればいつも使う機能へのアクセス度を高めてくれます。

・文字を入力していて、同じあ行やか行の文字を続けて打つとき、能動的にカーソルを右に動かさなくても、ほんの少し待てば勝手に右へ移動してくれる機能には驚かされました。ある意味考えながら打っていて油断すると勝手に移動されてしまって戻す、ということも起きるのですが、それ以上に勝手に移動してくれた方が便利な回数が多いですので、気になりません。

・もう一つ変換ですが、それまで使っていたATOK MOBILEよりPOBoxの方が数段予測変換の頭がいいです。予測が的確で、たまに本当に予測された言葉をつなげていって自分の書きたい文章になってくれることがあります。しかも変換したい候補の中を縦横自由に動けるので、数多くの選択肢から選びたい語句に到達するスピードが違います。もちろんこの機能は設定によってオフにもできますので、従来機種のように順番で辿りたい方でも支障はありません。

・辞書も豊富に用意されていて、私のように音楽の仕事をしている者にとっては音楽用語、タレント・歌手、J-POP等が使えますし、その他にもコンピュータ・ITや国内ニュース用語など重宝しています。ソニー・エリクソンのサイトから無料で選んでダウンロードできます。

・画面にもメモしたデータを表示させておけたりします。その日の備忘録としても使えます。

・プリセットの待ち受け画面等データのセンスがいいです!残念ながら前の機種はそのまま使いたいようなものはありませんでしたが、この機種は自分で何かをダウンロードしなくても、プリセットもので十分楽しめるくらい美しく、飽きの来ないデータがしかも複数プリセットされています。そしてこれには液晶の美しさが一役買っているのだと思います。思い切り液晶の性能をアピールするような待ち受けが多いです。

・カメラもオートフォーカスに手ぶれ補正機能付き。因みに明かりを消した部屋でとった去年のクリスマスケーキはこんな風に撮れました。どうです、なかなかでしょう?(私一応会社の写真部ですから。)
W44Sで撮った写真


などなど、まだまだいろいろあると思いますが、とりあえず今思いつくことをざっと並べて見ました。既に私の知り合いも何人か持っているくらいで、かなり蔓延しそうな雰囲気ですが、とても愛着の湧くよくできた携帯だと思います。買い替え機会のある方はぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?
コメント
おぉ、津田さん、ありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

電話もおそろいですか。進路といい、嗜好といい、不思議に似ていて面白いですね。今年もまだまだ異端児で頑張りますよ。津田さんも頑張ってください!
ウォーゼル URL 2007年01月05日 23:24:39 編集
僕もオリーブ色買いましたよ。良いケータイですよね。
津田 URL 2007年01月05日 16:34:50 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。