スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

レコード・コレクターズ1月号のつぼ

私が不定期的に購入している雑誌「レコード・コレクターズ」1月号には、私がいろいろと反応する記事が多かったため、それをここで取り上げておきたいと思います。

私がいちいちどのような記事に反応しているかをご理解いただくことが、このブログ「遠い音楽」の理解につながるかもしれません。

まず広告から反応してます。オランダのプログレバンド、フォーカスの旧作がK2HDオリジナル・ジャケット・コレクションで復活からスタート。

その次が先日も書きましたロイ・ハーパー来日公演ニュース。

記事に移って最新ベスト『濃縮キング・クリムゾン』解読。

さらに「ピーター・バラカンが語る十代の音楽体験」。ザッパの音楽はまだ余り聴いたことがないのですが、興味はあります。

「ノーマン・シーフが語るアーティストの素顔」、今月号はイーグルス、しかも大大大好きランディ・マイズナー在籍時の嬉しい写真が並んでいます。やっぱりイーグルスはこの頃が一番良かったです。

「ブリティッシュ・ロックの肖像」ではジョージ・ハリソン等との共演で私も少なからずCDを所有しているアンディ・ニューマークへのインタビュー。

上野洋子さん他が掲載されている「無人島レコード2」や「ムーンライダーズの30年」の広告をはさみ、new releasesのコーナーではクラレンス・ホワイトの未発表音源集発売のニュースに目を見張り、

サディスティック・ミカ・バンドの記事にはお世話になっておりますサエキけんぞうさんを執筆者に発見。

続く特集一風堂では、またお世話になっております松武秀樹インタビューなる記事まで登場。

そして白眉は「ブラウン管の向こうの職員たち」。またまたお世話になっております大森昭男さん、若き日の真剣なまなざしがまた素敵な写真と共に掲載されています。お世話になっている方三連発です。

そしてザ・バーズのボックスセットが載っているかと思えば、ニュー・アルバム・ピック・アップではリンジー・バッキンガムの新譜、そしてリイシュー・アルバム・ガイドのコーナーではスティーヴ・ハーレィの3枚組ベストが…

と、こういった記事が私の目にとまる音楽関連の情報なのです。

音楽は嗜好性が強いものだと思っていますので、このブログもかなり読んでくださる方は限定されているとは想像しているのですが、そもそも筆者は何を好んでいるのか、どんな境遇にいるのかがこんな記事から感じ取っていただければ、と、いろいろひっかかりのあった雑誌をネタに書いてみました。
2006年12月23日 | Comments(4) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント
すずさとさん、こんばんは。

しかし次から次へですね~。バラカンさんは一度だけMAAの会合でお目にかかったことが…ご存じですか?坂本龍一さん、佐野元春さんとも。もう7~8年前のことになります。あの頃から私は一気に忙しくなった気がします。
ウォーゼル URL 2006年12月25日 23:28:55 編集
大森さんがコレクターズに載っているんですか??
それは買わないと! 本屋さんへ走ります!

それと、ピーター・バラカンさんには、実は、
僕の結婚パーティーでスピーチをしていただきました(笑)。

ジョージ・ハリスンは、ウォーゼルさんと語ったらかなりヤバそうです。
ビートルズのソロワークはジョージが一番だと信じてやまないので!
体調のいい時に語らいましょう!
すずさと URL 2006年12月25日 13:38:31 編集
私も一つ一つが吸収ですよ。同じです。

最近やっとRiccardoのIo e i Poohを手に入れ、聴き始めました。いずれ記事にしますね。
ウォーゼル URL 2006年12月24日 22:25:24 編集
 知りもしない分野の世界というのに,
 この空間の心地よさに味をしめ
 ついつい毎回読ませていただいております。
 
 これから本屋に行って,この雑誌 手にしてみます。

 手掛かりを ありがとうございました。
ciapooh URL 2006年12月24日 11:16:11 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。