スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

上野洋子さん@東京キネマ倶楽部~Part2

さあ、中盤の山です。時折さきほどのようにイメージビデオを流しながらの6曲メドレーのはじまりはキーボード棚谷さんのミステリアスなシンセ音、アルバム「Puzzle」から「Tower of Hanoi」。れぇろぉらぁれぇろぉれぇ~と伸びやかに上野さんの声が広がります。
メドレーのスタートから洋子さんが肩にかけていたブズーキのカッティングから「Voces Iberica」より「対角線」へ。Vita Nova「Shiawase」収録の曲です。短い抜粋はあっという間に「ナースリー・チャイムズ」の「猫の地図」。このアルバムからの選曲が意外にも多かったのは、洋子さんの言うポップソングが多く集められていたということなんですね。「届けたい、トトへ!」(「小さき勇者たち~ガメラ~」サントラ)をはさんで、やはりブズーキのカッティングから変拍子に乗せて歌う「あずまんが大王」の「Raspberry Heaven」。この曲はあるサイトで着うた配信されているくらいですから、本当の意味でポップ・ソングですね。
そしてメドレーの白眉はZABADAK「桜」収録の「アジアの花」。恐らく観衆の多くはここで一気に涙腺が緩んだのでは?ほんとうに素晴らしい歌・声・演奏でした。

しかしここまで聴いていて、洋子さんのライブの観衆の静かなこと…耳をそばだてて聴いているんでしょうね、これは今日の強い印象の一つでした。

メドレー後のMCでは、洋子さんは「愛想がない」、「性格悪そう」とアンケートに書かれる、というお話だったのですが、私はいままで多少なりとも接したことがあるものとして、周りからそう思われる洋子さんであることがわかる気がしました。そして、あぁ、少なからず他の人もそう感じるんだなぁ、とちょっと納得しました。

そして「*1」から2曲、まず鬼怒無月さんのクラシカルな月の光を思わせるギターのつま弾きをバックに「パラフィン」です。多分アルペジオやトレモロ奏法風の演奏を鬼怒さんはピックで弾いていらっしゃっていたように見えました。凄い!そして人気曲「カモメの断崖、黒いリムジン」。ここで劇団(舞踏集団?)大駱駝館の村松さんが、ステージ左の一段上がったところでパフォーマンスを繰り広げ、場に妖しい印象を残してくれました。以前小六禮次郎さんの「黄金の刻」を武道館で見たときも、全面的に登場していた大駱駝館ですが、今日はたったお一人、全身を真っ白に染め、ところどころに血の流れる切り傷を負ったような風体で、曲に合わせたゆっくりとした動きでイメージを表現していました。それがさらにビデオカメラでそのままスクリーンに映し出され、効果はどろどろとしたプログレ風な演奏と相まっていやがおうにも高まり、ライブのハイライトの一つを創り出していました。

ここからいよいよラストスパートの5曲です。

「光さす、希望の彼方へ」は折笠富美子さん「LUNA」収録。聴いていて、せっかく洋子さんが折笠さんのためとはいえアルバム2枚分も曲を提供されているのですから、それらを完全セルフカバーしてくれたら、などとあり得ない夢を抱いたのでした。雄大なポップソングに仕上がっておりました。

たたみ掛けるようにここは曲が続きます。この日、私自身、そして会場の多くの方が最も盛り上がったのが「天使に近い夢」でしょう。ZABADAK「私は羊」収録。イントロの武川さんのヴァイオリンのフレーズでおぉぉぉ!と気持ちも身体も前のめり、やっぱり洋子さんはこういう曲がお似合いなのです。全員の手拍子に海沼さんの超絶スティール・ドラム快感度200%も加わり、こんなにも個性的なのに多くの人を惹きつけて止まない洋子さんの音楽の魅力が全方位に振りまかれた瞬間でした。天使の降臨とはこのことでしょう。

そして曲はミステリアスなインストナンバー、「*1」収録の「Root A」へ。フラメンコ調の印象的なイントロから、大インプロビゼーション大会を夾んでの大団円です。
この日のライブは、洋子さんがアンコールを無しにしてください、と観衆へ異例のお願いをして幕を閉じるのですが、ある意味普通のライブだったらこの曲をもって一度メンバーはステージを後にしていたでしょう。これは後から思ったことですが、そんなステージの締めにふさわしい熱のこもった演奏でした。仙波さんのドラムソロはそれこそ鬼のようでした。

再び2曲続けて「*1」収録曲、「約束の花」です。やはり洋子さんにとってアスタリスクと銘打って行っているソロ活動こそが、こうしたライブ向けのポップソング・プロジェクトと位置づけていらっしゃるんですね。この曲で凄かったのは、なんといっても鬼怒無月さんのエレキギター。超絶メカニカルフレーズは、私のような素人ギターキッズに目を向かせるのに十分でした。

そしてここでいよいよアンコールなし宣言!

「演奏する側も聴く側も準備していてほとんど意味がない」、「思い描いていた構成で終わらせて欲しい」という希望を素直に吐露して、観衆の暖かい拍手に包まれ最後の曲へ。この宣言のせいで「Seven Swan Songs」(「SSS」収録)の切ない歌声に、むしろ観衆はより聴覚を集中させて聴いていたような気がします(私がそうでしたから)。

本当に全編を通して、音楽を生みだし、伝えてくれる「上野洋子」という存在がぎっしりと凝縮された、中身の濃いライブだったと思います。大森さんと共に大満足に浸りつつ、ステージで全員でお辞儀をし、袖に去っていく洋子さんを見送りました…

そして、私は既にご報告したとおり、その場で「*2」を購入すべく売り場へ向かう途中高田みち子さんに遭遇し、そのまま打ち上げの場で、ステージには登場されませんでしたが、やはりいらっしゃった鈴木慶一さんや仙波清彦さん、そして意外なところでお目にかかった、ほぼ日の武井さん(以前三木鶏郎関係のイベント(私のこちらの記事を参照)でお目にかかりました)と言葉を交わしつつ、着替えの済んだ等身大の上野洋子さんに「最高でしたよ!ありがとうございました。」の言葉を伝えて会場を後にしたのでした。
2006年12月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。