スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

COMUSサウンドに上野洋子さんの原点を聴く

COMUS(コウマス)。この名前にピンと来る方は、かなりニッチなブリティッシュ系ミュージックに詳しい方でしょう。1970年代初頭に2枚のアルバムと1枚のEPを発売して消えた、当時はブリティッシュフォークかプログレッシブロックのカテゴリーで、Virginから出したセカンドアルバム『To Keep From Crying』は国内盤が出たこともありました。それから長らくCD化すらされず、先にファーストアルバムがCD化されていましたが、ここへ来て遂に彼らが発表したすべての曲を収めた2枚組コンプリートCDが発売になりました。まさに、セカンドアルバムを知る者には待ちに待ったCD化です。
Amazonから届いたCDの封を開けて、わくわくしながら…
Amazonから届いたCDの封を開けて、わくわくしながら針を落とす、いや光をあてると、驚いたのなんの、このCOMUS、上野さんがこれまで生み出してきた音楽の原点だったのでは?と思うほど、共通するものを感じたのです。
ヴォーカルは男性と女性それぞれがソロを取りますが、この形態もZABADAKを思わせます。違うのは、男性も上野さんと同じ音楽性を持っていること。要は男の上野さんと女性の上野さんが二人でヴォーカルを務める、といった趣なのです。そして女性のヴォーカルが上野さんと声質まで似ていて(もちろん上野さんの方が美しいですが)、歌い方も随所に上野さんを感じさせます。そしてアレンジも、ドラムをほとんど使わず、民族系の打楽器を用い、アコギと木管楽器、ヴァイオリンが中心です。このヴァイオリンがまた太田恵資さんのヴァイオリンを思わせて、ここまでくると呆れるほど。メロディはポップで、ちょっと壊れています。
この時期、このバンドはフォークセンスの中にかいま見える狂気、といった表現で紹介されていたはずです。最近のCD評では「狂気」などという言葉は使わなくなりましたし(Pink Floydの超名作『Dark Side Of The Moon』の邦題は『狂気』でしたね)、ヒーリング系、癒し系という言葉にはほど遠いものですが、実は上野さんの音楽には随所にこの「狂気」が潜んでいるんだと思います。ZABADAK結成のきっかけとなったと語り継がれている、Kate Bushの4th Album『The Dreaming』も、彼女にとってはヴォーカルの多重録音を執拗に繰り返した恐るべき「狂気」に満ちたアルバムと言われたものでした。やはり、こうした天才に与えられる「狂気」の称号が、上野さん、そしてこのCOMUSにもぴったりだと思いました。
興味のわいた方は、だまされたと思って、このアルバム、特に2枚目1曲目から始まるセカンドアルバムの音を聴いてみてください。あなたもきっと上野さんに通じるものを感じられるでしょう。今回初めて聴いたファーストアルバムの方もなかなかのできで、もちろんバンドの狂気は漲っています。

2005年09月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。