スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

著作権保護期間とジョン・レノン

著作権保護期間を70年に延長するかどうかの議論がありますね。私はここではその是非について自分の考えを述べる立場にはありませんが、今日ふと思ったことがあり、そちらは書いてみたくなりました。

それは現行著作権法の定める著作者の死後50年の保護期間、著作者が天寿を全うしたときと非業の死を遂げたときとで同じでいいのだろうか、という疑問です。

ジョン・レノンとポール・マッカートニーがその典型例。

ジョン・レノンは40歳の1980年12月8日、マーク・チャップマンの凶弾に倒れ、この世を去りました。ということは保護期間が今のままなら1981年1月1日から起算して50年後、2030年12月31日で著作権は消滅。
一方ポール・マッカートニーはまだまだ現役、仮に彼が90歳まで天寿を全うした場合、既にときは2032年、なんとジョン・レノンの著作権は消滅した後が起算になって50年後、2082年まで保護されることになります。

これではいくらなんでもジョン・レノンがかわいそうなのでは?自分の意思による選択や病死ならいざしらず、他人の意思によって著作権の存続期間が決まってしまうとは…

因みに彼は生きていたら今年66歳、あれから26年、3年ごとぐらいにはアルバムを発表していたと仮定すると100曲(オノ・ヨーコさんもアルバム収録曲を半分ぐらい提供することがありますのでそのときは50曲)近い曲を新たに生み出していたのではないでしょうか。そうしたチャンスを奪われ、天寿を全う(一応90歳まで)していたら保護期間は2080年まであったわけですから、その差これまたちょうど50年!これは、交通事故で若くして命を落とした人の損害額の算定にあたり、その人が生きていたら生涯得たであろう所得をベースにしたりすることがあるように聞きますが、それとほとんど同じ状況なのでは、と思い至ったわけです。ここに請求すべき逸失利益はないのでしょうか。

もしあるとした場合、一体誰に対して請求するのでしょう。マーク・チャップマン?無理でしょう。とてもそれほどの経済力があるとは思えません。

とすると、国に対して、或いは国民に対して、「天寿を全うしていたら」の歳を宣言して相応の保護を求めることになるのでしょうか…そうはいっても法的根拠がないとなかなか難しいですね。

逆に、昨今の論調では早く著作権消滅(=PD、パブリック・ドメインと良くいいます)になった方が2次的著作物を創作しやすくなり文化が活性化するからいい、という意見もあるのかもしれないですね…でもこういう場合は当てはまらないようにも思えます。だったら文化の活性化のために著作者は早死にした方がいいみたいになってしまうのも変ですし。

まぁ、これが愚問なのかどうかもまだ良く考えていません。ただふと思っただけです。つきつめて、過去にこうした判例があるかどうか等を調べてみると面白いことがわかってくるかもしれません。とりあえず私の備忘録も兼ね、今日は珍しく本職がらみのこんな記事にしてみました。

注)ご存じとは思いますが、ビートルズの曲はレノン=マッカートニーの共同著作物となっていますので、一番長生きした人、つまりのポールの保護期間が適用されます。
2006年11月25日 | Comments(5) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント
 ありがとうがざいました。
 平和条約って,そのような事が謳われているものだなんて
 初めて知りました。 とても勉強になりました。
 
 素晴らしいお仕事を,されていらっしゃるんですね。
 重ねて,ありがとうございました。 
ciapooh URL 2006年11月30日 06:17:52 編集
> 戦時加算が適応されるのは,連合国側の 著作物だけですか?例えば同盟国だった伊・独の著作物などにもそれに該当するものが,あるのでしょうか?

細かく言えば第一次発行国が連合国側であれば保護の対象となる楽曲はあり得ると思いますが、聞いたことがありません。一般論としては伊・独の著作物は戦時加算の対象ではないと思っていただいていていいと思います。

> 伊・独も,勝戦国側から同じような憂き目に合っているのでしょうか?

こちらも聞いたことありませんね。日本の場合、この取扱いは平和条約に書いてあるのですが、他国も同じであるという必然性はないのでしょうし。そして何故同じでないかの理由は私も知りません。ごめんなさい。
ウォーゼル URL 2006年11月29日 17:48:04 編集
 ご丁寧に,ありがとうございました。
 
 戦時加算が適応されるのは,連合国側の 著作物だけですか?  例えば同盟国だった伊・独の著作物などにも
 それに該当するものが,あるのでしょうか?
 角度変わって,伊・独も,勝戦国側から同じような憂き目
  ~素人的な見方ですが~
 に合っているのでしょうか?
 音楽の話題からは かけ離れてしまい,申し訳ありません。
 
ciapooh URL 2006年11月29日 15:23:08 編集
コメントありがとうございました。お返事が遅くなりました。
細かくいいますと、さらに戦時加算(第二次世界大戦中日本が連合国側の著作者の著作権保護をしなかったという理由でその期間分を上乗せして保護しなければならない)という制度がありますので、ジョンもポールもプラス約10年保護される仕組みになっています。
ウォーゼル URL 2006年11月29日 08:49:40 編集
 とても興味深く,拝読させていただきました。
 ちょっぴり賢くなった気がいたします。
 ありがとうございました。
ciapooh URL 2006年11月26日 07:26:05 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。