スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

今日のLOVE~BECAUSEからJULIA(TRANSITION)まで

ビートルズのLOVEが発売になり、やっと昨日amazonから届いていたのに仕事で飲んで帰った私はどうも寝る前にかけたようなのですが、そのまま眠ってしまい、今改めて聴いています。

今日から連続企画!120曲を探せ!

というわけで、このLOVEというアルバムに隠されているという120曲をどれだけ聴き分けられるかにトライします。恐らくこの企画はネット上でも相当数あると思いますが、ファンとしては止められない止まらない楽しみなんですよね。

まず今日は1曲目「BECAUSE」から。

冒頭の鳥のさえずり等のSEは「ACROSS THE UNIVERSE=#1」から。ハエの音はどこからでしたでしょう…そしてコーラスだけが抽出された美しい「BECAUSE=#2」。エンディングから「A DAY IN THE LIFE=#3」のオーケストラがフェイドインしてきて、曲は2曲目「GET BACK」へ。

「A HARD DAYS NIGHT=#4」のイントロのコード音に続いて「SGT.PEPPERS LONELY HEARTS CLUB BAND=#5」の冒頭の群衆の音、「THE END=#6」のドラムをバックに「GET BACK=#7」のリズムが入ってくるところはなかなかの聴き所、格好いいです。イントロの間に「THE END」のギター・ソロまでぴったりオーバーダブされてます。
ソロのバック等には「A DAY IN THE LIFE」のオーケストラが見え隠れ。

唐突に「GLASS ONION=#8」に変わると、上手い具合に「THE THINGS WE SAID TODAY=#9」のアコギカッティングが使われ、背景には「I AM THE WARLUS=#10」のわっしょい部分が。そしてこれまたぐぃっと「HELLO GOODBYE=#11」へと移ると流れるブラスは間違いなく「MAGICAL MISTERY TOUR=#12」と「PENNY LANE=#13」。

出所不明の幽霊のようなコーラス(PENNY LANEかもしれません)に導かれて「ELEANOR RIGBY=#14」のストリングスが。そのままポールのヴォーカル入りでほぼフルヴァージョン演奏した後「JULIA=#15」のアルペジオが。底に重なるのはサイレンの音はどこからでしょうか。

と、今日はここまで。アルバムクレジット上4曲目までで15曲発見!この調子なら100曲ぐらいは見つけられそう?全部終わったら雑誌の特集記事等で答え合わせしよう…
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。