スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

日記らしい記事(11月18日)

今日は嘗て音楽著作権の日とも呼ばれていた日です。著作権制度の確立に尽力されていた作曲家芥川也寸志さん生前にはこの日に著作権管理制度50周年記念切手も出たぐらいです。ご存じでしたか?

普段、普通の日記は余りここへは書かないのですが、今日は久し振りに朝普通に起きた後また寝て、10時半ぐらいまで眠り呆けていたせいで、少し疲れがとれ、ぼぉっとした開放感に浸っていたら書きたくなってしまいました。

これから年末へかけ、忙しくなっていきます。忘年会シーズン、いろいろな方々とのお付き合いでの飲み会予定も目白押し、シンポジウムを聞きに行ったり、テレビ番組の撮影に立ち会ったり、はたまたライブにもあと年内2回は行きますし(もう時間がなく、ライブはこれで打ち止めになってしまうはずです)…今の次点でこうだから今後予定は入らないか、というとまだあと1ヶ月半はあるわけで、予断は許しません。

この中では、先日あった30年ぶりの中学校の同窓会での30年ぶりの出会いがきっかけで、同窓会当日武道館であるバンドのバックでトランペットを吹いていて来られなかった、というかなりメジャーなトランペッター(つまり同級生)が、これまた仕事関係の私の知り合いと10年来の友人であるということが発覚して飲む一夜はちょっと特別な楽しみです。

そして月曜日にはいよいよザ・ビートルズの「LOVE」発売。これはこの「遠い音楽」でも感想を書くのが楽しみです。27日にはザ・ドアーズのボックスセット発売とビッグなセットが到着予定ですし、もちろんどうにかしてPOOHのライブCD&DVDも年内には手に入れたいです。

そして今オーディオセットから流れてくるのは、ラッテ・エ・ミエーレのサードアルバム。とかく1枚目の「受難劇」ばかりが取り上げられるイタリアのプログレバンドですが、このサードもなかなか親しみやすいサウンドで聴けます。

というように、いつも音楽のことを考え、音楽に囲まれて過ごせる幸せを胸に、日々ワーカホリックとして自分の仕事に没頭できる私です。

注:私が卒業した中学校は東京都の豊島区立第十中学校という、在学当時酒井先生(この方は日本の吹奏楽の振興に大変寄与された方だったのですが、今年6月に亡くなられてしまいました。この場を借りてご冥福をお祈りいたします)のもと吹奏楽コンクールで金賞に次ぐ金賞と常勝していた中学校でした。今でも同年代の人と会ってその人が吹奏楽をやっていた、と聞くと大抵質問してみるのですが、豊島十中の名はしらない人の方が少ないです。数々の名演がCDで発売され残っていると聞きます。私はそのとき吹奏楽部には所属していなかったのですが、この関係か、社会人になっても音楽を仕事にしている者が私を含めやや多い傾向だったのかな、と。因みに吹奏楽部としては18回卒業生に当たるそうです。
2006年11月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。