スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

来年の手帳(早すぎ?)

この時期文房具屋へ行くと胸躍らせて見るものがあります。そう、手帳です。なんでこんなに手帳が好きなんだろうと思うくらい使ってみたい手帳がたくさんあって、まず翌年になる前に何冊か手に入れ、いざ使い始めても必ず年の途中で違う手帳に手をだしてみたりして迷走するのが毎年の私の常です。

そして今年ももう10月。日々文房具屋の店先に並ぶ手帳の数は増えてきてますね。

そんな中、昨日早速2種類手に入れました。まずはQUO VADISジャパンが出しているBusiness Prestige。これは昨年初めて手に入れて、途中の迷走時期を切り抜けて今に至るも使い続けていられているやっと手にした感のあるお気に入りです。昨年はトカゲのような黄緑色が気に入って「クラブ」という合皮素材のものを使っていたのですが、既にここへきて背が開閉で劣化し、切れ目がはいってきてしまっているため、気に入った以上革でなければとカバーだけARC CONCEPTさんに別注しました。焦げ茶です。なにより重要なのはペンホルダーがついていること。これまでの「クラブ」にはそれが無かったため、ITOYAさんの手帳用ペンフォルダーをつけていたのですが、これが今ひとつ自分としては玉に瑕だったのです。今は探せば何でもあるのでネットは便利です。というわけで購入したのは中身のリフィルだけです。1,365円。

そしてもう一冊は、糸井重里さんプロデュース、ほぼ日手帳です!

毎年手にはとってみたもののなかなか購入するに至らなかったのですが、今年は使えそうな気がして(いつもこの時期買う手帳はそう思ってますが)ゲット。文庫本サイズが手にしっくりきます。こちらも汚れそうなナイロン製カバーを避けオリーブ色の革ケースのものにしました。
こちらは我が敬愛の大森昭男さんが今年(きっと去年までも)使っていらっしゃるのを見ていたので、もしかしておそろいになるかも、とちょっと期待していたりします。

手帳一つ変えるだけで仕事の気分や思考の柔軟性に影響が出るような気がしませんか?自社の手帳だけでなく、他にもいろいろいいものがあると思いますので、自分に一番会った手帳を見つけてみましょう。そのために手帳旅をするにはこれからが絶好の季節です!
2006年10月01日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。