スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ジム・クロウチ33回忌

1973年の今日20日、ジム・クロウチ(Jim Croce)とモーリー・ミュライゼン(Maury Muehleisen)を乗せた商用小型機が次のライブが予定されていたテキサス州シャーマンへ向かうフライトの離陸に失敗し墜落、まだ30歳のジムと若干24歳だった天才アコースティックギタリスト(と私は思っています)の命が奪われました。満を持した傑作アルバム「I Got A Name」発売直前のことです。

ジムが書いた曲には、軽快なロック調で大ヒットしたものもありますが、やはり無骨な顔立ちからは想像できない、モーリーのギターに支えられてしっとりと歌い上げられた名曲の数々が私にはスタンダードとなっています。ちょっと並べただけでも「Photographs And Memories」、「Operator (That's Not The Way It Feel)」、「I Got A Name」、「Dreamin' Again」、「I'll Have To Say I Love You In A Song」などなど、どれも名曲です。一度は耳にされることをおすすめします。
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。