スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

9月11日、パティ・スミス

やはり今日は9月11日を思う日ですね。全世界を震撼させたアメリカの同時多発テロ。私は世界貿易センタービルには過去3度足を運びました。最初は1998年7月、そして2度目が1999年9月、そして3度目は2001年6月。テロのほぼ3ヶ月前です。1度目と3度目は足下を歩いただけでしたが、2度目の時にはトップの展望台まで上がって360度の眺望を楽しんだものでした。それが…

あれだけの規模のものが喪失する、というのは、人の死とは違いますが非常に大きな空虚感を人にもたらすものだ、と生まれて初めて実感しました。昨年グラウンドゼロを訪れた際も、あの新地を目の当たりにしても信じられない思いでした。もちろん現地であの惨事を体験している方や身内や知り合いを亡くしている方々の足下にも及ばない間隔でしかないのでしょうけど。

この日を思うと聞こえて来る曲は、何故かパティ・スミスの2枚組ベスト盤「LAND(1975-2002)」の2枚目シークレットトラックに収録されているミュージカル「アニー」のテーマ曲とも言える「トゥモロウ」です。このミュージカルは子供が主人公で映画化もされたブロードウェイミュージカルですが、ここではパティが2002年の新年を祝うライブで歌っている(クレジットはないのですがアルバム構成上そう思われる)んです。9月の同時多発テロで沈む人々に明日はまた太陽が昇ると力強く歌いかけるパティ、曲も素晴らしいですがパティの歌も希望が漲っているようで凄いです。このライブの場に居合わせた人たちはきっと勇気づけられたろうなぁ、と想像できます。

そこが音楽のいいところ、と思いつつ、今年もまた9月11日が終わろうとしています。
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。