スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

アルバート・ハモンドの青い空 その1

最近の音楽のお気に入りのひとりにアルバート・ハモンドがいるのですが、ネット上を検索してみると、意外にアルバート・ハモンド(Albert Hammond)に関する日本語の情報が少ないことがわかりました。とても優しいメロディの曲を書く人ですよね。
そこで、フリー百科事典英語版Wikipediaを日本語でご紹介しようと思います。私自身興味もありましたし、ぱっと見、やはりなかなかの経歴だと思います。
なお、一回分ではお知らせしきれないので、何回かに分けて掲載させていただきます。

-----------

Albert Hammond(1942年5月18日生)は、シンガーソングライターで、家族はジブラルタルから来ました。

戦時中による家族の疎開のためにハモンドは、ロンドンに生まれ、後にアメリカに移住しました。そこで彼はミュージシャンとしてのプロキャリアをスタートさせます。彼は、1970年代のヒット曲、「It Never Rains in Southern California」(邦題「カリフォルニアの青い空」)、「The Free Electric Band」、「Down By The River」で良く知られています。

ハモンドは、英語とスペイン語の両方の言語でアルバムを発表しており、両方の言語で彼の歌は数多くレコーディングもされています。

彼の息子であるアルバート・ハモンド・ジュニアはThe Strokesというバンドのメンバーです。

目次
1 若き日:The Diamond Boys(-1963)
2 イギリスでのハモンド(1963-1971)
3 アメリカ(1971-1973)
4 成功
5 スペインでの成功
6 著作とプロデュース(1983-NOW)

1 若き日:The Diamond Boys(-1963)

アルバート・ハモンドは5月18日に、彼の両親の3人の子供の2人目として生まれました(彼の姉ヴァイオレット・ハモンドは1941年生、弟のレスリー・ハモンドは1947年生)。彼の父親は消防士でした。

少年時代、ハモンドは教会の少年聖歌隊のリーダーでした。アルバート・ハモンドの伯父はアルバートが歌った曲4曲をデモマシーンで録音しました。そのうちの1曲(Estrellita)は、何年か後に公式に発表されました。しばらくして、アルバートと友達のリチャード・カートライトは、ジブラルタルとスペインで、アルバート&リチャードとして演奏し始めました。1960年には、アルバートは学校を中退し、リチャードと共にThe Diamiond Boysを結成しました。メンバーは彼ら二人(ヴォーカル、ギター)とアルバートの弟のレスリー(サックス)、ルイ・バロッキ(ベース)そしてルイ・ヴィネ(ドラムス)です。彼らのレパートリーは主に英語とスペイン語のロックンロールでした。

アルバートの最初の曲のひとつ(New Orleans/Fool In Love)は録音され、イギリスへ送られました。そこでParlophoneによりレコード化されました。アルバートはジブラルタルで、イギリスのラジオ局からこれらの曲が流れてくるのを聴いて興奮しました。

数ヵ月後、The Diamond Boysはモロッコを目指し、カサブランカにあるいくつかのクラブで演奏しています。アルバートはこの時点で若干17歳(弟のレスリーはさらに3歳若い!)であったにも関わらず、彼の両親は彼の音楽と冒険への情熱に対抗することはできませんでした。

ツアーから戻ると、彼らはマドリッドでのCirco Price music festivalで一位になり、RCAレーベルと契約を結ぶことになります。臆することなく、彼らの二枚目のレコード、Popotitos/Hey, Little Girl/What'd I Say/O'Canganceiroを作ることになるのです。

(2へ続く~)
コメント
>dandanさん

コメントありがとうございます。良かったですね。今日も東京地方は暑く青い空、もう9月下旬にさしかかっているのにまだまだこの曲が聴ける季節が続いているのはいいことなのでしょうか…でしょうね。
ウォーゼル URL 2007年09月21日 22:17:50 編集
やっと今日聞けました・
アルバート・ハモンド「カリフォルニアの青い空」!
dandan URL 2007年09月19日 22:48:17 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  2007年09月19日 22:46:07 編集
>82Rさん

コメントありがとうございます。訳も途中で止まってしまってますが、おいおい近況も合わせご紹介してこうと思います。

この季節、彼の音楽はぴったりですよね。風が耳元を過ぎていくようで心地よいです。
ウォーゼル URL 2007年08月25日 22:46:27 編集
アルバート・ハモンド
彼の略歴etc.読ませていただきました。
ホントに「アルバート・ハモンド」に関する情報って、日本には少ないですよね。
また、その後の様子でも、判りましたら教えていただけると、ありがたいのですが・・・。
82R URL 2007年08月25日 00:52:05 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。