スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

みずさわゆうきさん、カスケイド

届きました!藤野由佳さんから送っていただいたみずさわゆうきさんの8月13日発売のニューアルバム「cascade」。青を基調にしたとてもきれいなイラストのジャケットは、cascadeという言葉らしく、まるで滝壺の中のような透明さで輝いています。早速聴いてみました。

01.cascade - 伝説 -
お~!冒頭コーラスはADIEMUSです。そしてアイリッシュ色を帯びていた時代のZABADAK風イントロ、とても懐かしいリズムとメロディ。初めて聴くみずさわさんのヴォーカルは、ミュージカル「秘密の花園」の主役を演じた石川由衣ちゃんに通じるかもしれません。みずさわさんがZABADAKや上野洋子さんがお好きだというのもうなずけます。力強くドラマティックに展開する曲に、アルバムへの興味は一気にかき立てられます。

02.僕らの旅路
全部で4曲あるうち、まず最初に由佳さんがアコーディオンで登場する曲です。アイリッシュ・トラッド風のイントロで藤野由佳さんのボタン・アコーディオン、壺井さんのヴァイオリン、豊田さんのTin Whistleが重なります。ヴォーカルのバックはピアノ・アコーディオンと使い分けをされているようです。メロディアスで明るい軽快なテンポ、旅人が路を歩く歩調に合わせたような曲です。

03.藍銅鉱 - azurite -
少しミステリアスな雰囲気。こちらもややZABADAK色を醸してます。かわいらしいアニメのイラストを中心にした歌詞カードを見ていると、その背景の色がその曲のイメージを支配している気がします。

04.おうさまのほし
上野洋子さん風のヴォーカル多重録音が由佳さんのアコーディオンをバックに始まります。まるでメリーゴーラウンドに乗っているような、遊園地の楽しい手回しオルガンを思い出させます。あっという間に終わってしまう短い曲ですが印象は強いです。

05.空蝉
この曲もサビへの変わり目でZABADAKしてます。こうして随所にその影響を感じる人は多いのではないでしょうか。みずさわさんのホームページによると、お好きな音楽=影響を受けた音楽、ということで、好きになった順に「遊佐未森/原由子/JUDY AND MARY/西脇唯/zabadak/karak/上野洋子/原マスミ/メトロファルス/横川タダヒコ/坂本真綾」と書かれています。

06.あなたのための世界
優しい女性らしさに満ちた三拍子の曲です。アルバム中一番女性を感じる歌ですね。しかも笑顔で歌っているかのような朗らかな雰囲気に仕上がっていて心地よいです。

07.shadow of darkness
軽快なTin Whistleで始まりますが、さびの部分で由佳さんのピアノ・アコーディオンのコードをバックに弾くところはとても重く、そこから展開する部分は哀愁に満ち、と様々な顔を覗かせる素晴らしい演奏が繰り広げられます。静と動が効果的に顔を出し、変拍子も取り入れたこの曲は、1曲目についでドラマティックな曲です。

08.夢語り
リードヴォーカルと寄り添うコーラス(みずさわさんと霜月はるかさん)がとても美しく、親しみのあるメロディが限りなく優しく展開していきます。このアルバム一番の美しさでしょうか。バックもシンセサイザーを中心にシンプルに、広々とした空間を持たせてお二人のヴォーカルを包み込んでいて、聴いていて安心します。エンディングのオルゴール風の音(Mike Oldfieldの「Orabidoo」を思い出しました)まで、細やかな音作りが行き届いてます。

09.石畳を蹴って
由佳さん登場の最後の曲。そしてまた最も目立っている曲ではないでしょうか。アイリッシュのダンス・チューンのように明るく華やかですね。スキップするような楽しいリズム、由佳さんのアコーディオンが大活躍です。曲全体を支配しているといっても過言ではないです。そして口をきっと結んでリズミカルにソロを弾かれる由佳さんの姿が目に浮かびます。
お祭り風のラストも必聴です。Tublar BellsのSailor's Hornpipe?

10.朝の唱
アルバムのラストを飾るのは、ピアノの独奏をバックに力を抜いたコーラスが疲れを癒すように響く曲。種は必ず芽を出す、と力強く締めくくり、充実したアルバムは終わりを告げます。

全体を聴いてみて、とても聴き応えのある力のこもったアルバムに仕上がっていているな、という強い印象を残しました。こういうジャケットの世界のアルバムにはあまり触れたことがなかったのですが、同じように美しいイラストのジャケットで思い出したのは、上野洋子さんとも活動されている畑亜貴さんです。歌詞の書き方は共通項があるように感じましたが、畑さんがちょっと毒のあるように感じられるのに比べてみずさわさんは冒頭ジャケットについて触れたように、透明感に溢れた世界を形作ってます。私にとってもこれから要チェックのアーティストになりました。

もしこんなレビューで興味を持たれた方は、こちらに詳しい情報の他試聴や購入ができるようになっていますので、みずさわさんの澄んだ世界に触れてみてはいかがでしょうか。

そして…

由佳さん、どうもありがとうございました。私の勝手なお願いにも応えていただきとても感謝しております。大事にします!
2006年08月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | 藤野由佳さん
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。