スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ジョークって面白い!

今読んでいる本は中公新書ラクレから刊行された「世界の日本人ジョーク集」(早坂隆氏著)。これ面白いです!ジョークは人を笑わせるものですからもともと面白くなければジョークではないわけですが、いわゆるオヤジギャグではなく、社会的な背景やブラックな味付けのぴりっと効いたジョークは格別、読みながら思わず笑みがこぼれてしまいます。

そして…

この本を読んでいて思い出したのが、そう、星新一氏著の「進化した猿たち」。アメリカの一こまマンガを大事にスクラップして、カテゴリー分けして星氏が軽妙な語り口で解説をつけたこの本は、星氏の一こまマンガへの愛着が感じられるだけでなく、そのマンガ一つ一つにジョークのエッセンスが詰まっていて、星氏のショートショートの原点を見るかのような思いさえする、読んでいて実に楽しい本でした。
それで、先日実家に帰った折、一生懸命探したのですが見つからず、仕方なくアマゾンのマーケットプレイスで購入してしまいました。それが帰ったら届いていて、本当に懐かしくて嬉しい。

そして…

昨日池袋へ飲みに行った折、西武百貨店のLIBROで発見した本、「ユーモア大辞典」と「ユーモア大百科」。2冊共ハードカバーで税別3800円もする豪華本。これが「世界の日本人ジョーク集」で取り上げられている類のジョークを800前後集めた、まさにジョークの集大成!期待大です。今度買おう!

で、今日は帰りに雑誌「PEN」買って帰りました。
2006年08月01日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。