スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

紙ジャケついでに~Patrick Moraz

タワレコやWAVEでCDを見ていると、このアルバムはやがて日本では紙ジャケ化するのでは、と思って購入を躊躇するものがあります。昨日の体験としては、Patrick Moraz、そうYesやThe Moody Bluesで活躍したスーパーキーボードプレイヤーのソロ最高傑作と言われている「Story of I」です。グリーンの美しいジャケットはいかにも紙ジャケにぴったりじゃないですか。う~ん、リマスター&ボーナストラック入りでかなりそそわれましたが、我慢しました。今日はUriah Heepの次期紙ジャケシリーズ入荷日でもありますし。何が欲しいのかよくよく見極めないとパンクします…

Patrick MorazのOfficial Websiteを見ると(今時多くのベテランアーティストはオフィシャルサイトを持ってますよね)、彼のソロデビュー前のグループ、MainhorseとRefugeeはこのアルバムに先立ちリマスター再発されているようで、さらには「Story of I」の他に次のソロアルバム「Out in the Sun」も同様です。
オリジナルマスターテープを一生懸命探し、彼の監修の元で発売されているので、音としてもかなり期待できるのではないでしょうか。まるでBostonのTom Scholzを思わせる拘りぶり。これぞミュージシャンの神髄ですね。

いつかは手に入れると思いますが、紙ジャケの予定があるならそれがいいかな、などと思いつつ売り場を後にしました。
2006年07月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。