スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

D Aluminum Narrow Bore

burke tin whistle
とうとう届いてしまいました。Michael Burke Penny Whistle Company社のTin Whistle。素敵です。アルミなのにちょっと暖かい手触りといい、吹いたときの指に伝わるふくよかな響き具合といい、これまでの1,000円のに比べたら雲泥の差。1,000円のものはHigh Gの音のピッチが微妙に下がっていて気持ち悪かったのですが、さすが、きっちり出ます。私のような素人が吹いてもいい音します(本当はもっといい音するはずですが)。

そして、裏面には手作りらしくシリアルナンバーも。06/2006と読めます。2006年06月に作られたという作りたてほやほやなのか、2006年の6本目なのかは不明ですが(多分前者)、DANという製品の識別とMB、そう、Michael Burkeのイニシャルが…
burke tin whistle


今日からしばらくはまることまちがいありません!
2006年07月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。