スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Richie Furay氏はいま…

古くはBuffallo Springfield、そしてPOCO、The Souther, Hillman, Furay Bandとスーパーバンドを渡り歩き、何枚かのソロアルバムも発表している、今頃の季節から俄然心地よさを感じさせてくれる艶やかなハイトーンヴォイスが魅力のRichie。彼はしばらく前に牧師になったという話をネットで読んでいて、ああ、あのハイトーンヴォイスはもう聴けないのだろうか、とほとんど諦めていました。

しかし!

「あの人は今」シリーズのように、「遠い音楽」でも何かお知らせできないかとネットで検索したところ、牧師は牧師なんですが、なんと彼は歌う牧師になっていました!

まぁ、サービス中にはロックの歌は歌わないかも知れませんが、意外にコンサート活動なども精力的に行っていることが判明。これから夏にかけても、アメリカでAmericaやLinda Ronstadt等とのライブが予定されています。
アメリカにあるオフィシャルサイトには、彼をキリスト教の道に導いたのは、The Souther, Hillman, Furay Bandでリードギター、ペダルスティールギター、ドブロ等を担当していたAl Perkins氏であること、神を信じる大きな契機となったのが、一度盗まれた彼自身の心の一部ですらあった、それまでの彼のすべての曲を生み出してきたギターが盗まれ、そして再び戻ったことであったこと等のエピソードが彼自身の言葉で誠実に書かれていました。
そして、私が存在すら知らなかった97年発表のCDやその楽譜、さらにはこれまた発売されたニュースすら目にしたことがない自伝(Richie自身のですよ!)が、こちらはなんとサイン入りでネット通販してました!(因みにBuffallo Springsfieldの伝記もサイン入りで販売してます)。
その他、poconut.jpというPOCOの熱狂的ファンクラブの日本公式サイトも発見。そこには、Richieのホームコンサートの模様などが詳しく詳しく掲載されていました(いらっしゃった方、うらやまし~です)。

そうです、「あの人は今」なんて失礼なくらい、彼は今も現役で、アクティブな活動をしているのでした。そして私は、と言えば、お察しのとおり早速サイン入り自伝を注文してみました。一体どんなサインなのでしょう。届いたらお見せしますね!
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。