スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

高田みち子さんにカバーしてもらいたい外国曲

高田みち子さんが、お気に入りの洋楽をライブやCDでカバーされるのは、ファンの間では良く知られていますよね。そこで、これからどんな曲をカバーしていただきたいか、という観点で考えてみました。

そして真っ先に私の頭の中に浮かんだのが次の2曲です。

Jimmy Webb "Skywriter"
The Carpenters "Only Yesterday"

どちらもメロディラインは絶品中の絶品というポップスソングだと思いませんか?前者は比較的マイナーな曲なのでご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、知る人ぞ知る、彼のセルフカバーもいいですし、Art Garfunkel氏も『Up'til Now』というアルバムでNickey Hopkins氏のピアノをバックに歌っています。本当に名曲だと思います。哀愁のある旋律、包み込むような穏やか且つ雄弁なピアノ、そしてこんな美しい歌が朗々と歌えたら幸せだろうなぁと思わせる曲です。
そして"Only Yesterday"ですが、これでもかという親しみやすいメロディの洪水はRichard Carpenter氏の面目躍如というところでしょう。みっちゃんはCaren Carpenterさんの声の高低の振幅に十分耐えられる広い音域の声を持っているので、十分に歌いこなして、むしろ新しい世界を見せてくれるのでは、という期待もあります。前者をカバーすると再現系になるのかな、と思う一方、後者は発展オリジナル系になる、という気がします。

とまあ勝手に思いを書いてみましたが、他のファンのみなさんはどう思っていらっしゃるでしょうね。みっちゃんへのリクエストなどコメントいただければ幸いです(みっちゃんも読んでくださってライブで取り上げてくれるかもですよ!?)。
2006年06月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。