スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

おいおいルフトハンザさん!

HYさん、コメントありがとうございました。最近ちっとも音楽のこと書いてませんね。すみません。おいおいということでお許しを…

今日は出張中の出来事の断章です。

…それはミュンヘンの空港でジュネーブ行きの飛行機のチェックインをしようとしていたときのこと。
スイスはEU域外に当たるので、EU域内で免税枠を超える買い物をしたものについては、ここで免税手続をするんですよね。そのためにまずはチェックインが必要ということで、私たち一行はチェックインカウンターの例の芋虫のような列におとなしく並んでいました。

すると、突然ボリス・ベッカー(古い?)そっくりのルフトハンザの体格の良い係員がやってきて、なにやら話かけられ、さらにはトランシーバーでどこぞの係員と連絡をとった上で、君たちはあっちのカウンターへ行け、そこでまとめてチェックインできるから、と指差しました。
もともとそんなに列は長くなかったので、別にいいのになぁ、と思いながら、どうも親切でしてくれているらしいので、私たちは黙って従い、列から離れ、20メートルほど先のカウンターへ移動しました。

そこには連絡を受けたらしい男性係員が一人。しかし、そこはまた自動チェックイン機が何台も並んでいるところで、使い慣れない人たちの指導で彼は手が離せず、まず待たされました。

そして、やっと来て全員分のパスポートと航空券を集めてカウンターの中へ消えたと思ったら、さらに待たせる待たせる。余り待たせるので、もしかしてさっきの係員とぐるで、実は私たちのパスポートをねこばばして消えてしまったのでは、とカウンターの中を覗くと、一応作業をしているらしい様子。
そしてやっとやっとやってきて、いざ笑顔でつけられた荷物のタグをみてびっくり、なんとタグがチューリッヒ行きじゃないですか!
私たちはこれからジュネーブへ行って仕事をし、翌日チューリッヒ経由で帰国だというのに…

そしてさらにまたまた待たされるはめに。

そしてやっとやっとやっと出てきて、正しいタグをつけると、まず最初の荷物を突然黙って自動チェックイン機のベルトコンベヤに。スーツケースは今度は見事なまでに素早く、あっという間に闇へと吸い込まれていきました。

…しかし、待てよ、あのスーツケースの中にはこれから免税手続をしなければならない買い物品が入っているではないか!これから税関に行って必要に応じて開けて見せなければならないのに!そのことをその係員に告げると、彼は天を仰ぎ、一言「Too late!」

とぅーれいとじゃないよ!

と誰もが思ったわけで、あわてて三度みんなを待たせたまま吸い込まれたスーツケースの回収の手配に入ろうとする彼を、もういいから、と押しとどめ、我々は早々に税関へと向かったのでした。この間約40分…
最初の列に並んでいたら10分もかからずに終わっていたはずなのに…

久し振りの、小さな親切大きなお世話、を身をもって体験したお話でした。
2006年05月21日 | Comments(5) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント
お疲れさまです。pooh 叙情みあふれた世界観 いいですね もっと若いとき出会ってたら もっと人生の歴史的なアーティストになってたかもしれないなあ なんで出会わなかったんだろうとか思います。 往年の今だ活躍しているユーロ系のイベント企画なんかおもしろそうですね BJHだけじゃなくて。
HY URL 2006年05月28日 04:43:26 編集
それはそれはラッキーでしたね。仕事にせよプライベートにせよ海外へ行くことが決まったら、できるだけコンサート情報を調べるのは私も常日頃心がけてます。

これまででロック系で想い出に残っているのはMadison Square GardenでEric Claptonを観た(正直それほどファンではないですが)ことと、やはりNew York、Beacon Theaterという伝統的なホールで、Linda RonstadtとEmmylou Harrisのデュオ・コンサートを観たことぐらいでしょうか。バックで元The EaglesのBernie Leadonがギターを弾いていたり、Phoebie snowがアンコールのスペシャルゲストだったり、こういうサプライズは日本ではなかなかないですからね。ならではの楽しみです。

それにしてもPoohまで購入されたとは…BJHがお好きな方ならきっと大丈夫だと思いますが、いかがでしたでしょうか。
ウォーゼル URL 2006年05月24日 18:36:15 編集
お疲れさまです。ドイツは、フランクフルト メッセホールで 楽器や音響、映像等の各メーカーが世界中から集まるフェアーみたいなのがあって ちょうどその前後でコンサートあったのでラッキーでした。佐田玲子さんは、うちの関連会社のレーベルから発売しています。今回は、DVD付きで いつも新星堂のお助けを借りてインストアーやらせてもらってるんです。高校時代もってたユーライヤヒープ CD盤届きました 20年ぶりに聴くsunrise いいですねえ。その他 pooh mike oldfield,david gilmour,も届きました。
HY URL 2006年05月24日 02:18:47 編集
お忙しそうですね。佐田玲子さんは近々うちの傍のイトーヨーカ堂内の新星堂でもインストアライブがあったはずです。
コメント、ありがとうございます。それだけのお仕事をされ、ドイツへLesを観に行けてしまうくらいですから、いいじゃないですか。私なんてそのときそのときで書き散らしてるだけですから。本当はもっと整理したいです。
ウォーゼル URL 2006年05月23日 07:51:06 編集
ハハハハア(笑) 今となっては、笑い話ですね。今帰りました。今日は、午後一番から 佐田玲子さんの池袋五番街東武デパートの屋上で レコ発LIVEに顔出し後、お台場のビックサイトで デザインフェスタというデザイナーが、出店するイベントがあって そこにステージカー、楽器、PAを入れていたので挨拶しに行って すぐ 横浜みなとみらい 堂本剛のソロライブ千秋楽に向かい プロデューサーに挨拶して 17時までに品川EX ノリタケガイド最終日に17時10分着という かなりハードな一日でした。 僕は、あまり本を読まないので 言葉を知らないし 会話もうまくないんです。どこかウオーゼルさんの世界観に尊敬の念をいだいてしまいます。
HY URL 2006年05月21日 22:36:58 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。