スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

DOVE COMINCIA IL SOLE by POOH

今日入手しました。Poohの最新作「DOVE COMINCIA IL SOLE」。久しぶりに聞くオリジナルアルバムです。

まずはジャケットがすごい。ロゴがそのまま厚紙でジャケット化。横35cm、縦23cmぐらいあります。一枚開くと左側にメッセージ、右側にCDが収まってます。メッセージはイタリア語。もう一枚めくると、左側は火山の燃えたぎる火口の前に立つ3人の写真が左側、そして右側は水と森と光の写真。そこにブックレットが差し込んであります。
そして裏表紙にはシリアルナンバーが。私のは1912。これはPOOHファンとしては記念になりそうな美しいジャケットです。ただ、どこへしまおうかと...

さて、曲は3人になって最初のアルバム、なかなか重厚です。アルバムタイトル曲はまるでParsifalのような二部構成。Dodyのギターの音も艶やかに繰り広げられる世界は70年代を思わせ、あの頃を知るファンには懐かしさ120%という感じです。それにしてもこのアルバムから長年連れ添ったドラマー、ステファーノがいなくなったわけですが、イタリア語のブックレットはちょっとみ新加入のドラマーの名前のようなものは見当たりません(あくまでも勘ですが)。もしかしたら打ち込みかもしれません。

2曲目「FAMMI SOGAARE ANCORA」からは近年のPOOH節。Dody、Robyのバラードが続く4曲目、5曲目など、極上のポップが聴けます。若干はつらつとした明るさ、という面は薄れていますが、むしろ重厚なアレンジでゴージャスな雰囲気が最後まで維持される良質アルバムです。

ほんとに、日本でもっと人気が出てもいいと思うんですが、言葉の壁でしょうか。逆に考えれば、日本の曲が外国で聴かれたとき、どんなに曲が良くても詞の意味や言葉の響きが合わなければヒットしない、ということなのかもしれません。ここを乗り越えられたら英語以外の曲も国際的に流通するようになると思うんですけどね。

というわけで、今日は簡単ではありますが、POOHの最新作のご紹介でした。

そうそう、豪華ジャケットには、ジャケット型のキーホルダーもついています。そしてジャケット、私には鯛焼きにも見えたりして...
2010年10月21日 | Comments(2) | Trackback(0) | Pooh(伊)
コメント
No title
>ciapoohさん

入手できましたか?ファンとしてはせっかくですから限定版を手元に置きたいですよね。
ウォーゼル URL 2010年10月24日 11:03:34 編集
お早いですね!
私も早速手配します。何より嬉しい情報を、ありがとうございました☆
ciapooh URL 2010年10月22日 08:39:22 編集

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。