スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Image Monster Canon EOS 7D

ここのところずっとコンパクト・カメラ一筋に撮ってきましたが、ここへきて久々に一眼レフ回帰の機運が高まってます。改めて手元のEOS 7Dを手に取ってみると、おぉ、なんと「撮りたい」という気持ちを思い起こさせてくれるカメラ・ボディであることでしょう。大きな筐体ではありますが、重すぎず、やや大きめな私の手にはむしろしっくりくる感じです。

そこで今日はTokinaのズーム・レンズをつけて、自転車に乗ってでかけてみました。

場所は自宅からほどない荒川沿いを北上、彩湖自然観察センターというところまでのおよそ片道3Kmの道のりです。自転車は一応ギヤチェンジはできるものの、なんだか走っている間もきしんでいて、ブレーキがキーキーとうるさい、という代物ですが、左肩のカメラはImage Monsterの異名をとる名機。否応なく気持ちは高まります。

荒川の土手に出て、最初に目に入ってきたのは、緑の壁に映えるヒガンバナの鮮やかな赤でした。そこで、これを激写。





ちょうどまだ咲き始めで、美しいうちなのが花はいいですね。

そしてしばらく自転車を進めること20分。目的地に着きました。ここで期待していたいたのは、何か昆虫(特にトノサマバッタなど)でしたが、案の定、トノサマバッタはたくさんいたものの、こちらは全くじっとしていてくれず、近ずくと姿が見えないうちにすぐ飛び立ってしまい、まともに写真に収めることができませんでした。
さらに悪いことに、せっかくいたアキアカネやアオイトトンボにも、持っていたズームレンズの最短距離が遠くて、思ったほど寄れなかったのと、ここは未熟さで、手ぶれ補正のないレンズで200mm超を久しぶりに扱ったせいか、おおいにぶれてしまい、悲しい結果に。それでも中でましなのを取り出すと、以下のとおりです。





こうしてみると、このレンズ、ボケ具合もあまり美しくなく、ちょっとう~ん、という感じですね。やはり純正のマクロレンズが欲しいところです。

とはいいながら、自転車での運動に、自転車を止めてからのカメラを持ってのフィールド・ワークが重なって、いい運動になりました。

やはり久しぶりの一眼レフ、被写体とじっくり向き合う気持ちになれてとても楽しく写真が撮れました。この気持ちが持続すれば、おそらくまた11月の頭に出かける写真部の撮影旅行、久々に一眼レフを抱えての旅行になりそうです。できればレンズを一本に決めて、とことん撮りつくす気持ちで臨みたいものです。あ、どこへ行くかですね。あの沢口靖子さんの出世作、NHK朝の連続テレビ小説「澪つくし」でも有名な外川漁港のある千葉県の銚子です!
2010年09月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | Camera & Photos
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。