スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Klaus Schulze氏の日本公演ライブ盤発売になりました!

あの伝説?の来日公演から今日で半年という今になって、日本のキャプテン・トリップ・レコーズから、Klaus Schulze氏のあの日の公演ライブがCD2枚、DVD1枚に写真集付きという豪華デラックス版として、500セット限定で発売になりました!(値段も豪華、15,000円!)

これはあの体験をした人間として手元に置いておかざるを得ず、早速注文していたものが昨日届きました。

なかなか豪華な装丁です。Moondawnのジャケットと同じようなブラウンを基調としたボックスに収まった2冊、1冊にはCDとDVDが、もう一冊は写真集となっています。大きさは通常のCD大です。

各トラックには、演奏日と曲名が以下のとおり記されています。

CD1
A Crystal Poem (Sunday Evening First Track)
Crystal Returns (Saturday Afternoon First Track)

CD2
La Joyeuse Apocalypse (Sunday Evening Second Track)
Nippon Benefit (Sunday Evening Encore)
The Deductive Approach (Saturday Afternoon Encore)

DVD
A Crystal Poem (Visible Version) (Sunday Evening First Track)
Sequencers Are Beautiful (Saturday Afternoon Second Track)

これをみる限り、おそらくCDとDVDすべてあわせて2日間の全曲が収録されている、ということだと思います。今はDVDの一曲目を観ながらこれを書いているのですが、まさにあの日のMirageが蘇ります。器材に埋もれて無心に鍵盤やつまみを操る姿、カメラが客席だけでなく、ステージの楽器群の中にも設置されていたようで、手元が映っていて新鮮です。客席からは何をしているのかが見えませんでしたから。

体調不良等のニュースが多い昨今の彼ですが、この二日間はとてもいいコンディションで演奏できていたのではないかと思います。

DVDの画質はやや諧調が荒いのが玉に瑕ですが、Klauseの今を映しとめている、という点で貴重だと思います。

そして何より、あの日、あの場所にいた、その姿、という、ライブに参加した者が味わえる共有感が嬉しいです。

写真集は、演奏中のショットが多いですが、機材の写真もあり、マニアには嬉しい内容なのではないでしょうか。楽屋の前でおどける姿もかわいらしいです。

最後に、私は聴けませんが、DVDには5.1ch Surround音声も含んでいますので、いつか、彼のライブをそうした設備の間で聴いてみたいものです!
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。