スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

BOSEのノイズキャンセリングヘッドフォンt

BOSEのノイズ・キャンセリングヘッドフォンComfort3を入手しました。

仕事上の打ち合わせである方に貸していただいたときの、一瞬防音室に入ったかのような感覚をぜひ外で試してみたく、また今週木曜日に乗るであろう飛行機の機内でも(ファーストクラスなら貸してくれるそうですが)装着してみたく、というのが動機です。

そして今日は初めて朝の通勤時に装着して出かけてみました。

あの防音室的感覚が頭を包み込む中、The Beatlesのリマスター盤を聴きながら街へ出てみると、どうでしょう!クリアに広がる音楽の世界は、とても透明で、とても街中へ出ているとは思えない、まさに空間美。もちろん何も聞こえないわけではありません。車やバイクが近づいてくれば音の気配は感じます。ところがその音は、あの聞きなれたエンジン音ではなく、さーーーーっとなにかヒスノイズのような感じで音量を上げて近づいてきては離れて行く、そういう感じでなのです。ちょっとしたトラックが脇を通り抜けても少しもうるさくありません。

確かに街中ではちょっと危険なものがあるのかもしれませんが、最近話題の電動自動車が静かすぎるので音を出そうとしているのを逆に車の音を決してしまっている、という意味でとても新鮮な体験でした。しかも、音楽を愛する身としては、大きくボリュームを上げなくてもディテールまで聴き取れる魅力は何ものにも変えがたい気がします(圧縮音源ではありますが)。

技術的な仕組みは理解できていません。例えば左から聞こえてくる音を逆相で右から流すと打ち消しあって音が消えるのだそうです。だからこのヘッドフォンもそのために充電式バッテリーを内蔵し、スイッチがついています。このスイッチをオンにすると、内蔵のマイクが働いて音を拾い、反対側で逆相にして音を返すことで、特に気になる低めのノイズを消してくれるようです。冒頭に触れたある方も、機内がいいんだよ、とおっしゃっていましたので、そちらが楽しみです。確かに地上でこれだけの効果があるのなら、ちょっと想像できる気がします。

最後になりましたが、装着感は抜群です。見た目は高級感溢れて重厚そうですが、ふわっとした軽さで頭を挟みこんでくれ、耳へのフィット感も柔らかく心地良いです。オーバーヘッド型なので、はずしたときの始末が悪い、という点はありますが、それを差し引いても余りある音質とノイズキャンセリングの性能だと思います。
2010年07月26日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。