スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

iPhone 4について思うこと

今日はある説明会のメモをとるのにiPhone 4を活用しました。

iPhone 4は保護ケースに付属のスタンドに立てて横置き、使ったソフトはEvernote、そしてapple純正のBruetooth Keyboard。結果はばっちりでした。途中説明者の変わり目に保存すると、それはWebのサーバーにも保存されるので、もしものときの安心感もありました。漢字変換もおおむね快適。というわけで、非常にコンパクトな記録スタイルが確立されました。

さようにiPhone 4は便利です。まだiOS4もリリースされて間もないということで、気になることはあります。メールソフトの強制終了が多いこと、safariもメールも受信に時間がかかることが多いこと、そしてiOS4に対応しているアプリが少なく、とりあえず使えていたアプリの強制終了にも見舞われることなどなど。

でも、思い起こせばiPhone 3Gが発売されたときの日本語変換は遅くて遅くてひどいものでした。でも、それが今のすいすいレベルにまで進化したことにむしろ喜びを感じるぐらいです。もしかしたら最初にちょっと瑕疵を残しておいて、あとからリカバリーすることでより良くなった、と錯覚させるような手法を使っているのではないかと思ってしまうような毎回の大幅アップデートです。

でも、徐々にiOS4対応アプリは増え環境は日々良くなっています。そして、ここで対応が遅れたりしないアプリは淘汰されていくのでしょうね。厳しい世界があることも感じます。

ま、そのあたりはどうあれ、使っていれば、あっという間に愛着がわく出来栄えはさすがですね。

背景画像、何にするかすごく迷います。

フォルダ機能ができたことで、アイコンの整理も迷います。

大容量のPDFを読むソフトがなかなか決まりません。今のところiBookが一番でしょうか。

マルチタスクは今一つ使えていません。さらに、起動したアプリが列をなしている様(持っている方にはわかりますよね)を見ると、ひとつひとつ削除したくなります。これが大変。一括削除とかできないものでしょうか。

画面ロック。これは強い見かたです。今まで横になってWebを見ようとすると画面が90度回転してしまって、使い勝手が悪いことこのうえなかったです。

などなど、こんな風に一長一短のiPhone 4ですが、それでもやっぱり手放せない魅力があります。不思議なものです。
2010年07月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 遠い音楽日記
コメント

管理者だけに表示する
HOME

ご覧いただいた方の数

最近いただいたコメント

記事を書いた日

Twitter

探しているキーワード

記事の分類

遠い音楽の環

自己紹介

Worzel Wonderland

雲の鼓動

ジャバラ姉妹

桜の夢の中

藤野由佳さん

由佳さんのRivendell

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。